XBOX ONEをVLANで別ネットワークに分離した

TP-Link Deco M5を安定して動作させるのに四苦八苦したのですが、2重ルーターにしてWi-Fiのみを別ネットワーク扱いにすると、有線LAN内に設置しているBDレコーダーなどのDLNA配信に支障(DTCP-IPでは同一ネットワーク内での配信しかできない)があることが分かりました。

最近Primeビデオ等のストリーミングばっかり見ていたのでつい忘れていました。

と言うわけでXBOX ONEはもう他のLAN機器と繋がる必要性がとても薄いのもあり、XBOX ONE自体を既存の家庭内LANから切り離して別ネットワーク扱いにすれば良いだろうと言うことでこれを実施
流石にLANケーブルを新たに這わせるのは大変なのでVLANで対応しました。

まずは最低限必要なVLAN対応ハブを購入


TP-Linkの似たような型番のより安価な物もあったのですが、ここはLifetime Warrantyも付いているNETGEARの物にしました。

で、最終的にだいたいこんな感じになりました
LAN配線図概略

既存ネットワークをVLAN1として、XBOX用ネットワークとしてVLAN10を追加、あとはGS108E間とルーター間をトランクポートに設定してあげれば完了です。

ルーターに使っているWSR-1166DHP2にはOpenWRT/LEDEをインストールしてあったのもあって新しくOpenWRTにもVLANを追加設定し、それ用のインターフェースを作成してGS108Eとの接続ポートをトランクにしてあげればさくっと動作してしまいました。

この辺GUIのLuciでサクサク設定できてしまうので、OpenWRTも随分と簡単になりましたね。

ちなみにOpenWRTはMT7621のハードウェアNATが使いたかったのもあって、現時点のSnapshotバージョンを使用しています。

結果は良好でXBOX ONEのXbox Liveからの通知も問題なく動作していますし、TP-Link Deco M5もブリッジモードに切り替えて家電機器とスマートフォン等のLANと同一のネットワークにしたので、DTCP-IPを使った配信機能も問題なく動作するようになりました。

TP-Link Deco M5が安定動作するまで

先日購入したTP-Link Deco M5ですが、GW中もガチャガチャといじくり回しようやくこれで安定という感じになったのでメモっておきます。

まず最初に気がついた問題

  • 専用アプリでネットワーク設定を見たらDeco1とDeco2が別メッシュネットワーク扱いになっている

これはどうも初期設定作業を途中でiPhoneからAndroidに切り替えたせいのようです。

また、4月の頃のアプリではEthernet Backhaul状態で初期設定をするとどうやっても別ネットワーク扱いになってましたが、5/5日時点でのiOSアプリ(バージョン1.5.7)ではEthernet Backhaulでも同一メッシュネットワークとして構築が出来ました。

尚余計なトラブルを避けるため、初期設定はDeco1とDeco2を同一のハブにLANケーブルで接続した状態で行い、設定が完了した後にDeco2を任意の場所に移設すると言う手順で行いました。

そして次に気がついた問題

  • APモードで動かしていると、XBOX ONEの通知機能が機能しなくなる

XBOXの実績を解除したり、フレンドがオンラインになったり、パーティに招待されたりと言うときに出る『ポコン』って出るあの通知が一切出なくなってしまいました。

当初は自宅のインターネット接続をIPv6とIPv4のデュアルスタックにしたせいかと思ったのですが、DecoユニットをLANから切り離すとこの現象が解消するため、これはDecoユニットが原因と判断。

本当はリピーターハブなどを使ってパケットキャプチャリングをすれば詳しい状況も分かると思うのですが、あいにくとポートミラーリング出来るハブもリピーターハブも手元に無かったため、DecoユニットをAPモードで動かすのは諦め、ルーターモードにして2重ルーター状態にすることで問題を回避しました。

XBOXのネットワークとDecoのLANが論理的にでも別になってしまえばこの現象は回避できるようです。

そして最後の問題がこれ

  • DecoのルーターモードでIPv6をパススルーにするとOpenWRTルーターに大量に「br-lan: received packet on eth0.1 with own address as source address」というエラーが出て、LANがダウンする

これはうちのゲートウェイルーターをやっているWSR-1166DHP(Wi-FiはOFF)にインストールしたOpenWRTの設定の問題でした。

WAN側とLAN側のMACアドレスがデフォルトの状態だと仮想NICで同じものになっているのですが、これを異なるMACにしてあげたところエラーも無くなりLANがダウンしなくなりました。

と言う事でWi-Fiネットワークと有線ネットワークが2重ルーター状態で別ネットワークになると言うことにはなりましたが、これで我が家のTP-Link Decoは問題なく動作するようになった感じです。

自宅のWi-Fi環境をTP-Link Deco M5にしてみた

Fire HD 10の5Ghz帯無線LANがW52しかサポートしていないのを受けて、以前から興味があったメッシュネットワークを構築するタイプの無線LANルーターを買ってみました。


発売直後のレビューなんかだと、

  • APモードが設定に存在しない
  • ルーターモード固定な上、IPアドレス設定がDHCPしかない
  • AP間はWi-Fi接続しかできない

と言った具合で、ちょっと制約が多くて使いにくそうなハードだったのですが、現在ではAPモードも実装されたうえ、AP間も有線のLANで通信できるEthernet Backhaulという機能が実装されたということで、丁度中古が売られていたのでちょっと購入。
送料など込みで17,556円でした。

まず開封後のセットアップでいきなり嵌まりかけたのはファームウェアが古かったせいか、iPhone XでDecoの無線LANに接続すると接続後にIPアドレスを取得したあたりですぐ切断されてしまうという症状に見舞われました。

また、専用アプリはBluetooth接続なので、無線LAN接続はあきらめてまずはブリッジモードに切り替えようとしても、ブリッジモードへの切り替えメニューが出てこない。(後ほど設定が終わって分かりましたが、ルーターモードで動いているのにiOS用の設定アプリはDecoがブリッジモードで動いているように判断している)という現象。

これはたぶん相性とかの問題でダメっぽいと言うところで早々にiPhoneでの設定は見切りを付けてAndroidで設定したところ問題なく設定が完了しました。
Android上の設定アプリでセットアップを行うと、ファームウェアの更新を促され、その後ブリッジモードへの切り替えも問題なく実行できた後はiPhone Xも問題なくDecoの無線LANへの接続が出来ています。

尚、ファームウェアは公式サイトのダウンロードセンターでは170820というバージョンが最新となっていますが、アプリ経由だとKRACKs問題にも対応した1.1.6 Build 20171103 Rel. 47257というバージョンが通知されて適用されます。
このバージョンのChangelogはこんな感じ

    Bug Fixes:

  1. Fixed the vulnerabilities of the WPA2 key exchange process.
  2. Optimized the stability of the Deco system.
  3. Fixed the bug that occasionally the deco APP displays multiple networks of the same name under AP mode.

とりあえず、2つのAPを動かしていますが、双方共に2.4Ghz/5Ghzで同じSSID、チャンネルで動いているようです。WiFi Analyzerを動かさない限りはSSIDは一つしか見えません。