SENNHEISER GSP 500を購入した

ゼンハイザーの新しいゲーミングヘッドセットGSP500を購入しました。


今使ってるGAME ONEの後継機に当たる機種です。
GAME ONEとGSP500を並べるとこんな感じ。
GSP500とGAME ONE

写真は両方ともイヤーパッドのアジャスターは最大になっている状態。
ヘッドバンドの形状の違いから、最大状態でもフィットできる限界が違っていてGAME ONEの方が頭の大きい人には楽に装着できます。

自分は頭が大きい方なのですが、GAME ONEはこの状態でゆったりフィットする感じですが、GSP500はヘッドバンドを強めに頭頂部に押しつけて調整してあげないと耳の位置あわせがちょっと辛いです。

側圧はGSP500の方を設定を最弱にしてみましたが、GAME ONEのアジャスターを最大にしてゆったり付けている人間には結構強めに感じました、ただし買ってすぐの状態なのでこれは使っているうちに少しはこなれてくることを期待。

イヤーパッドがふんわりしているGAME ONEは開放型とは言えイヤーカップで覆われている感覚がありましたが、GSP500はイヤーパッドが結構しっかりしているうえ、イヤーカップ内の空間が大きくなっているので、イヤーカップで覆われている感覚はほとんどない感じです。

ケーブルはブッシュの部分に違いがちょっとありますが基本的にはほぼ同じ物っぽい感じですね。

GAME ONEとGSP500のケーブル

個人的にGSP500を買う切っ掛けになったのはここ

ボリュームコントローラー

ボリュームコントローラーの部分です、これGAME ONEでは簡単にくるくる回ってしまう物だったのですが、GSP500は抵抗があってヌルヌル動くタイプのボリュームになっていて、GAME ONEのように脱着時に触ってしまってボリュームが回ってしまって爆音にやられたりミュートになっててあれ?って事が無いです。

あと、ミュート側に回してミュートになるとカチッとクリック感があってミュートになったのが分かります。

GAME ONEはその辺がちょっと不便だったのでGSP500の改良点は魅力的でした。

ちなみに現在はXbox ワイヤレス コントローラーXbox One ヘッドセット アダプター経由で接続しています。
音量については十分取れていて、GSP500のボリューム50%~70%ぐらいで十分という感じ、これ以上回すとちょっと難聴注意ってレベルの音量でした。

GSP500とXbox Oneコントローラー

音に関してはとても素直な音が鳴ってます、取りあえず今集中的に試しているMonster Huter Worldで試しましたがXbox OneのWindows Sonicが環境音のサラウンド再生にとてもマッチしています。
これ、イコライザが必要無ければXboxOne環境ではそろそろ外部デコーダーのMixAmp Pro TRはもう必要ないのかもしれないと思いました。

(5/7追記)
当初、側圧はマニュアルに記載されている最弱で一番外側にスライダーを調整していたのですが、4gamerのレビュー記事を見ると「スライダーは,左右中央に近づけると締め付けが弱く,離すと強くなっていく」と言うことでマニュアルの記載が誤記っぽいです。左右中央にスライダーを近づけたらゆったりつけられるようになりました。

SONY MDR-1000Xを購入した

去年DENON AH-GC20を買ったものの、ノイズキャンセルの弱さや、ヘッドバンドの問題で頭頂部が痛い、歩行時のノイズをノイズキャンセルが拾って逆にノイズが入る、ごく希にBluetooth機能そのものがフリーズする等で1シーズンで手放し、しばらくはBOSE QC25でいいなかぁと思っていた物の、どうやらソニーからベストバイっぽい機種が出てきたので買ってしまいした。

またすぐに手放す可能性もあるうえ、まだ発売されて間もない割りには中古の物がソフマップに出ていたので中古で購入。
¥32,184(税込)だっところクレジットカードのポイントを交換して貰った商品券¥15,000分を使ったので、現金¥17,000程度で済みました。
ビックカメラなどの大型量販店だと税込¥39,800程度する物なのでなかなか安く手に入ったのではないでしょうか?

MDR-1000XとQC25

MDR-1000XとQC25を横から

横から見ると分かりますが、QC25に比べてイヤーカップが結構迫力があるため結構大きい感じがします。

まだ使用して数日ですが、ノイズキャンセル性能と装着感共にQC25と遜色ないと感じています。
ただしMDR-1000Xは長時間着けていると結構蒸れます。

MDR-1000Xのイヤーパッド

QC25のイヤーパッド

MDR-1000Xの方がイヤーパッド内のスペースが狭いためそのようなことになっているんだと思います。
QC25のイヤーパッド内のスペース

MDR-1000Xのイヤーパッド内のスペース

1000Xはドライバーが結構耳に近い位置にあるためにイヤーパッド内のスペースが狭いのが分かります。
MDR-1000Xのスイッチ類の出っ張りの工夫

結構工夫してあるスイッチ類の出っ張り。
それぞれサイズが変えてあるので指の感覚だけでボタンを押し間違えることが無いです、特にアンビエントモードとノイズキャンセルボタンはちょくちょく押すのでこれは嬉しいポイントです。

と言うわけでざっと感想をまとめ

  • 蒸れる
  • タッチセンサーコントロールは付け外しの際など意図しない操作が発生しやすい
  • ノイズキャンセルオプティマイザは素晴らしい、付け外し毎にやるのがメーカー推奨
  • クイックアテンション利用時にBluetoothプレイヤー側の音楽再生が一時停止したりはしない(着信の時みたいに止まって欲しかった)
  • アンビエントモード(ボイス)は便利、コンビニ等の会計もこれがあれば問題ない
  • 有線だとタッチセンサーコントロールが使用出来ない、4極端子使って有線でも使えるとかだと嬉しかった

と言ったところ。

現状Xperia Z5 CompactとBluetooth(LDAC)接続していますが音質的にも満足ですし、今のところは致命的な欠点も無いので今シーズンはMDR-1000Xが大いに活躍しそうです。

DENON AH-GC20を買ってみた

AH-GC20
涼しくなったら買おう、と思っていたDENONのBluetoothノイズキャンセルヘッドホンのAH-GC20ですが、じゃんぱらにて未使用品24800円という物があったので衝動買いしてしまいました。


ノイズキャンセルヘッドホンということで、手持ちのBOSE QuietComfort25との比較になりますが、試聴の段階でQuietComfortのヘッドホンラインと並ぶ性能でないことは分かっていました。

今回入手したのでどの程度の能力なのかを街頭で試してみたのですが、まず街頭で秋葉原の中央通りの歩道を上野駅の不忍口まで歩いてみました。
QC25ではほぼ車のタイヤノイズがキャンセルされ聞こえず、うっかりすると轢かれるのでは……という感じなのに対して、GC20ではこれは音楽を流していても車の接近が感知できるレベルで車の走行音はちゃんと聞こえます。

また、上野駅不忍口の横断歩道付近はガード下になっているのですが、QC25ではここで頭上を電車が通っても音楽が流れているとそれに気がつかない程ノイズが消えているのに対して、GC20ではちゃんと電車の走行音が分かりますし、さすがに電車の通過している真下だと走行音に音楽の方が負けてちょっとうるさいかな、という感じになります。

通勤に利用している上野東京ラインで試してみましたが、電車の走行音のうち重点音部分のゴーという音はキッチリ消えていますが、それより少し高い音域のコーという音まで消しきることが出来ていないのが車の走行音が聞こえる原因にもなっているようです。

ただし、フィードバックマイクも搭載しているおかげなのか、安いフィードフォワード式のノイズキャンセルヘッドホン等にありがちな、キャンセルできない帯域のノイズがハウジング内で共鳴して余計耳障りに聞こえる。と言う現象は起きていません。
あくまで自然に重低音部分が消えているという感じです。

ノイズキャンセルについてはそこそこの性能、ですが装着感についてはQC25と比べても遜色ないと感じました。
GC20はアルミダイキャストのイヤーハンガーなどを採用しているせいか275gと若干重い部類のヘッドホンだと思います、しかしながら肉厚のヘッドパッドとアラウンドヤータイプのイヤーパッドでしっかり重量分散している上、側圧も強すぎず緩すぎずという感じなので長時間付けていて頭頂部や耳が痛くなることがありません。

あと日本のBluetoothヘッドホンとしては珍しいバッテリー残量やステータス等を音声ガイダンスでアナウンスしてくれる機能や、ノイズキャン セリングとBluetoothを同時に使用しても20時間バッテリーが持つという仕様もあり、かなり満足度の高いヘッドホンと感じました。

BOSE QuietComfort25をリケーブル

まぁ、リケーブルと行っても音質改善目当て、とかでは無く長さを短くして使い勝手の向上を目的としたリケーブルです。
純正で付属しているケーブルはリモコン付きかつ少々長いので、上着のポケットからコードを延ばすには少々長く、スペアケーブルを買って短くして半田付けでもしようかなと考えていたところ、onsoのhpcs_01_ub32(3.5mmステレオプラグ-2.5mmステレオプラグ)がぴったりっぽかったので買ってみました。
hpcs_01_ub32
eイヤホンの中古で3980円でした、1.2mの割としなやかなケーブルでプラグも値段にしては悪くない質感で気に入ってるメーカーです。
hpcs_01_ub32
装着するとこんな感じ、すんなりとQC25側の2.5mm 4極ジャックに接続出来ます。
4極に対して3極のプラグを接続していますが特に問題ありません。
これで余計なコードのたるみを気にせず使えるようになったので大満足の一品でした。

ゼンハイザーのゲーマー向けヘッドセット「GAME ONE」を買ってみた

Sennheiser GAME ONE
Xbox One用にゼンハイザーのゲーマー向けヘッドセット「GAME ONE」を買ってみました。
今まではXbox360の頃から使っていたSound Blaster Recon3D Omega Wirelessを使っていたんですが、このヘッドセットはオンイヤー型で締め付けが強めで、長時間付けていると耳が痛くなるという装着感の部分が唯一のネックでした。

Creativeからはこれに変わる新型のヘッドセットは出てないためTurtle BeachのEAR FORCE STEALTH 500Xあたりを検討していたのですが、Xbox Liveのフレンドに話してみたところなんと二人も購入しておりこいつはやめた方が良い、と聞いてしまい断念。

どうも無線LANチャンネルの自動切り替えがなく、5Ghz帯を使うけど干渉が出るとどうにもならなくなる。あとは低音スカスカだし音質も最悪ということで今は使うのをやめている、と言う事でした。
まぁ、じゃもういっそワイヤレスを捨ててでも装着感の改善と音質を重視して、国内で手に入る装着感のいい実績のあるヘッドセットにしちゃうか……と言うことでGAME ONEを購入しちゃいました。

取りあえずゲーム(バトルフィールド4)とBlu-rayの映画で試してみました。
Recon3D経由ではXbox Oneではボイスチャットが出来ないのでゲーム時はヘッドセットアダプターに接続してのステレオ接続です。
Sennheiser GAME ONE
装着感は適度な側圧で全く問題なし、耳も痛くならないし、頭頂部が痛くなることもなし。
オープン型なのとベロア地イヤーパッドとヘッドパッドのおかげもあって蒸れとかもいっさいないです。
ステレオ接続なのでゲーム中の定位とかがもっと曖昧になるのかと思ってたんですが、ゲーム側の設定でヘッドホン用のサウンド設定にするとそれほど悪くない感じでした、ゲーム側の出来によって結構かわるものですね。
あとBlu-rayは取りあえずRecon3Dのバーチャルサラウンド経由で出力、こちらも全然違和感なし。
かなり満足度が高かったので完全に有線ヘッドセット環境に移行できそうです。