Jabra Elite 65t用にコンプライTS-160を加工する

前回は適当に転がってたコンプライを加工したのでイヤーピースが外れてしまう時も有りましたが、eイヤホンの店頭で試着をしてみたところコンプライ TS-160がJabra Elite 65tのノズルにはぴったりなのが分かりました。
という訳で加工したのが次の写真の一番右の奴です。

イヤーピース全体の下から5mm程をカットしています。
カットに使ったのはよく切れるカッターナイフで、イヤーピースをこれまた手元にあったドライバーの軸に通してぐるっとナイフをまわしてカットしました。
真ん中の標準Lと比べても大きく見えますが、Jabra Elite 65tの充電ケースはそこそこ余裕がある上、フォームチップなのでちょっと押し込めば簡単に収まりますし、ノズルもしっかりフィットしてるのでイヤーピース自体もちょっとやそっとじゃすっぽ抜けたりしません。

コンプライのLサイズを常用している自分としてはこれでJabra Elite 65tの問題は全て解決したのでこれから愛用していきたいと思います。




Jabra Elite 65tのイヤーピースを変更する

Jabra Elite 65tのイヤーピースですが付属シリコンタイプのMは自分の耳にはスカスカでした。
一応ちょっとは大きめのコンプライTruly Wirelessも買ってみたのですがやはり小さめで耳に合わず、仕方なく付属シリコンのLタイプを選択

ただしこのLサイズ、密閉感等は問題ないのですが1時間もつけていると耳が痛くなってきてあまり長時間つけるのは辛い、コンプライTruly WirelssのLサイズがあれば問題ないのに!とは思ったのですがないものは仕方がありません。
ということで別のイヤホンではコンプライTSシリーズのLサイズを使っているのでこれを手元にあったハサミで適当にカットして装着してみたところぴったりでした。

一番右がコンプライをカットしたもの

高さを同じぐらいに合わせた

耳から65tを外す時に雑に外したりするとそのまま耳に残っちゃう時もありますが、高さも合わせてあるため充電器に普通に収まり充電できます。

付属Lサイズだと長時間つけてると痛くなりましたが、このカットしたコンプライTSならしばらくつけていても大丈夫そうです。

今回テストとして手元に転がってたTS-500かTS-400を適当にハサミでカットしたので、これの寿命がきたらもうちょっとまともにしっかり道具を使ってカットしようと思います。

Jabra Elite 65tを購入した


TSWイヤホンとしてはBOSEのSoundSport Free wirelessを持ってはいるのですが、これはトレーニング用として購入したものだし、開放型なので通勤や街歩きにはあまり向かないなと思ったのもあって新たに購入することを決定。

ジムで使っていてもoundSport Free wirelessのようにBluetoothで左右を繋いでいるモデルは左右が切れる時があるので、新しく買うものは左右のユニット接続にNFMIを使ったTWSイヤホンにしようと思っていろいろ試聴をした結果Jabra Elite 65tを購入しました。

NFMIを使っているのともともと感度が良い?のか自分の行動範囲で新橋、有楽町、秋葉原、御徒町、上野あたりの街を歩いてみましたが左右が切れるということは1回あったかどうか?というレベルで安定して聞けています。
尚、送信機はiPhone Xでズボンの右の前ポケットあるというような状態でした。
AirPodなどもそうなのですが現状では左右にNFMIを使った機種がベストかもしれませんね。


レグザブルーレイ‎DBR-W1007を買ってみた

自宅の録画環境は未だにnasneを2台という環境なのですが、時短機能とおまかせ録画に引かれて‎DBR-W1007を買ってみました。

丁度手頃な中古機が25800円(税込)で秋葉原のじゃんぱらに置いてあったので即購入、2016年10月発売の1TBのダブルチューナー機としては中古といえども随分破格に安く感じます。

まだ購入して1週間ほどですが、この時短機能は視聴中にCMに入った際にチャプタースキップするのも面倒という人間にはとても便利です。
地上波TVなのにまるでNetflixのような動画配信サイトで番組を見ているかのようにCMの存在を感じずに通しで番組を視聴出来ます

あともう一つの目的だったおまかせ録画
昔の東芝レコーダーからあったシリーズ予約などが統合されたもののようで、ジャンルやキーワードに沿った予約を自動的に行ってくれます。
ちょっと戸惑ったのが、このおまかせ録画の予約の対象となる番組が2日後分までって所。

DBR-W1007には1週間分の番組表が保持されていますが、おまかせ録画予約は夜間などの番組表更新時にその時点から+2日後分までの番組を検索して予約しているようです。

番組検索で引っかかるうちの2日後分まで予約される

当初、来週の番組などが全然自動予約されないのので大丈夫なのか?と心配しましたが、東芝のサポートにも確認してこれが正常な動作であるという回答をもらいました。

たぶんあまり先の方まで一気に予約を入れると、番組表が変更になったときに追従できなくなるためなんでしょう。

使っていて残念だなと思ったころはスマホ連携
スマホに書き出すためには番組予約時にスマホ持ち出し用番組を生成する設定をするのですが、この同時に生成されるスマホ持ち出し用番組は時短機能が適用されません。

スマホ持ち出し用番組に時短機能を適用するには、おまかせダビングという機能を使ってCM部分をカットした持ち出し用番組を手動で生成する必要があり、しかもこのダビング作業をしている間は録画含めレコーダーの操作が殆どできなくなります。
どうせなら空いてる時間を見つけて時短適用番組を自動生成するような機能が欲しかったなぁと思いました。

またスマホ用のソフトとしてDiXiM Playが指定されていますが、時短機能は当然ながら機能しません。
また、ストリーミングで見る分にはチャプタースキップが出来るのですが、このソフトはダウンロード型の持ちだし再生だとチャプタースキップが使用不能となっています。

持ち出し用番組でチャプタースキップが利用できないのであれば、なおさらレコーダー側の持ち出し用番組はCM等余分な部分がカットされた時短機能が適用された持ち出し用番組を自動生成してくれれば良いのに、と思うのですがやはり自社開発でない分この辺はミスマッチがありますね。

さらには再生中に3分おきぐらいのタイミングライセンス確認を頻繁に行っているようで、移動中の視聴などででライセンスサーバーとの通信が上手くいかないとエラーを吐いて再生が終了します。

このスマホ連携の部分では圧倒的にSONYのTV Side Viewやtorne mobileの方が良く出来ていて便利だと感じました。

と言うわけでnasneはスマホやtorneとの連携が素晴らしいので、ちょっと無駄な感じはしますが自室での視聴はもっぱらDBR-W1007に任せ、LAN経由での再生や持ち出し再生にはnasneを使うという使い方をしようと思っています。

CHORD Mojoを買ってみた

Polyが出たらMojoと一緒に買おう、と思っていたのですが、ヨドバシカメラの店頭で5月末まで¥52,900円の10%ポイント還元な上、ケーブルパックか純正ケースを無料でプレゼントというキャンペーンをやっていたのでついつい手を出してしまいました。
ケーブルパックは¥7,480するのでポイント還元の分も含めれば結構お得に買えたと思います。

Polyの使い勝手を確かめてからと自制していたのがゴールデンウィークの浮かれた気持ちに見事に負けた感じで。
ついでにeイヤホンで中古のdignisケース(使用感あり)も4,990円で購入。

取りあえずはeBayで購入しておいた7cmのOTGケーブルを使ってZenfone2 Laser (ZE500KL)と組み合わせてポータブルに仕立ててみましたが……でかい、でかすぎる。
2段運用に嫌気が差してFiiO X7を買った身としてはちょっと現実的でないサイズですね

このZenfone2 Laser (ZE500KL)、スタンバイになるとUSB DACとの接続が切断されるという仕様があるのですが、USB DACを電源ONで接続した状態で再起動をかければDACの電源OFFやUSBの切断をしない限りはスタンバイになっても接続を維持できます。
ちょっと面倒ですがPolyまでの繋ぎなので良しとします。

スマホをトランスポーターとして使えるとDAPを別に持つよりはスマートウォッチをリモコン代わりに使えたりとメリットが大きいので、やはり本格的にポータブルで使うのはPolyの出番を待つしかなさそうですね。