DBR-W1007のHDDを6TBに換装したらやっぱり無理だった話

1TBがちょっと手狭に感じてきた

自宅で使ってる東芝製ブルーレイレコーダーDBR-W1007ですが、1TBがちょっと手狭になってきたのでどうしようかな?と価格.comの掲示板などを見ていたら、どうやら普通の汎用HDDで簡単に載せ替えができちゃうらしい、ということで早速試してみることにしました。

事前情報では4TBまで

事前に調べた結果では、W1007の内蔵HDDは4TBまでしか認識しないという話は分かってはいたのですが、DBR-W1008という後継機では6TBを認識するというので、単に試してる人が居ないだけで1007世代でも6TB行けるのでは?と思ってやってみた結果です。

この記事の内容は機器の改造を伴いますので、基本的にはケースカバーを開けた時点でメーカー保証が無効になり修理を拒否される行為になります。(有償も含めて拒否される可能性が高いです)
作業をする際は自己の責任において実施し、失敗したら本体を廃棄する覚悟をもって実施してください。

HDDを換装してみる

Seagate BarraCuda 3.5インチ 6TB 内蔵ハードディスク HDD 2年保証 6Gb/s 256MB 5400rpm 正規代理店品 ST60…

10,530円(10/22 21:49時点)
Amazonの情報を掲載しています

換装に使ったのはSeagateの6TBです。
とりあえずこのクラスのHDDならWDもSeagateもあんまり変わらないかな?ということで安い方を選びました。

換装前の残量表示

HDD換装前の残量表示はDR録画で91時間36分でした。
ということで換装していきます。

カバーは側面のネジ2本と背面のネジ2本を外せばサクッと外せます。
SATAコネクターを中央のHDDをまたいでいるフレキケーブルを外せば、あとはHDDを本位に固定しているマウンターのネジを4か所外せばHDDが取り出せます。

マウンターもHDDをネジで4か所固定しているだけなのでこれもドライバーが1本あれば作業が可能です。

HDD換装後

HDD換装後は未フォーマットのために残量0

HDD換装後はHDDが未フォーマットのために残量は0です。
設定から「すべての初期化」を選んでHDDをフォーマットする必要があります。
尚、自分の場合は別途SeeQVault HDDを持っていたので、既存の1TB HDDに入っていた録画データについてはそちらに移動をしてから作業を行いました。

アイ・オー・データ機器 SeeQVault対応 USB3.0/2.0接続ポータブルハードディスク 2TB AVHD-P2UTSQ

アイ・オー・データ機器 SeeQVault対応 USB3.0/2.0接続ポータブルハードディスク 2TB AVHD-P2UTSQ

24,500円(10/22 10:43時点)
Amazonの情報を掲載しています

さて、フォーマットが終わってどうなったかというと!(もう結果は書いてあるのですが…)

残量4倍!

フォーマット後の録画可能時間はDR録画で369時間13分でした…つまり換装前の約91時間の4倍、4TBの領域を認識しているということです orz

あとで4TBに入れなおした

ということで6TBのHDDを入れても4TB分しか認識しないということが分かったのと、別途使うアテもあったので4TBのHDDに入れなおしました。

Seagate BarraCuda 3.5

Seagate BarraCuda 3.5″ 4TB 内蔵ハードディスク HDD 2年保証 6Gb/s 256MB 5400rpm 正規代理店品 ST4000DM004

8,110円(10/22 10:43時点)
Amazonの情報を掲載しています

使ったのは特に考えずに同じSeagateの4TBモデルです。