NAIN Zeeny NA2 All Blackを買ってみた

先日Xperia Ear Duoを買ってとても気に入ったのですが、この手の通知を読み上げてくれるような機器のことを「ヒアラブル」というそうです。

Xperia Ear Duoの読み上げについてはとても気に入ったのですが、ブログにも書いたとおり外部騒音の大きいところではデュアルリスニングのコンセプトとアダプティブボリュームコントロールという機能が逆に聞き取りにくい状況を作り出してしまっていてTPOによって使い分けが必要でした。

というわけで、デュアルリスニングではなく普通に外界ノイズを遮断して普通のイヤホンとして使えるヒアラブルイヤホンはないかと探してみたところ見つけたのが、このNAIN Zeeny NA2 All Blackです。

セットアップでちょっと躓く

このZeeny NA2 All Blackですが仕組みはXperia Ear Duoと同じくBluetooth Classic接続のA2DPプロファイルで音楽を流しつつ、BLE接続の方で通知等の制御をしているという仕組みのようです、ただしXperia Ear Duoとは違ってペアリングに結構苦労しました。

端末はiPhone Xなのですが、Zeeny NA2をペアリングモードにしてiPhone側のBluetooth設定を開くとすぐに「Zeeny NA2」が見つかりペアリングが完了します。

この後、アプリを起動して 「Bluetooth接続待機状態にできました。」 をタップすることでBLE接続のペアリングに入るのですが、ここがなかなかうまくいかなかったです。
「音声機能のBLE接続を確認しています。 」のところで「デバイスが見つかりません」を連発していました。
公式のFAQによれば、アプリを一度終了して “Zeenyイヤフォンの電源ボタンを1回押します(LEDが一度赤に点灯します)” という操作をした後に再度アプリを立ち上げるそうなのですが「デバイスが見つかりません」のエラーの連発でした。

最終的にはどれが正解だったのかはわからないのですが、Apple Watchの切断(電源オフ)とiPhone XのWi-Fiをオフにして上記操作を再度したところ、うまくペアリングすることが出来ました。

ヒアラブルはとても快適

読み上げ機能の部分についてはXperia Ear Duoより快適かもしれない、という印象です。

ユーザー辞書が搭載されている


読み上げはスマートフォンにインストールしたZeeny Appが行っているのですが、ユーザー辞書が搭載されていて、間違って読まれるような単語の読み方の補正が可能になっています。
Xperia Ear Duoではこういう機能はなかったので、例えば「Wi-Fi5」という単語があったとして「わいふぁいご」なのか「わいふぁいふぁいぶ」なのかを制御でき便利です。

読み上げ機能について

アプリからの通知のほか、Zeenyのバッテリー残量と時報、スケジュールの読み上げに対応しています。
このアプリ以外の通知についてはBluetooth接続時や、任意のタイミングでリモコンの◯ボタンをダブルクリックすることも通知されるようになっています。

時報については時間間隔をカスタマイズ可能で、15/10/15/30/60分の間隔で通知してくれるように設定が可能です。
これを設定していると時間がわかるというのもあるのですが、音楽の合間に時刻読み上げが入るのでなんとなくラジオを聞いているような感覚になり、自分は好印象でした。

通知されるアプリは選択可能

読み上げるアプリについても選択が可能で、任意のアプリのみを読み上げるように設定が可能です。
まだ使い始めたばかりなのでリスト上のものが少ないですが、Zeenyアプリを起動しているときに通知されたものが順次リストアップされていくようです

音質について

音質は1万円前後の機種なら順当な音という感じなのですが、値段の割にはホワイトノイズが大きめで、曲間に「プチッ」というノイズが入るのがちょっときになります。
音楽の終わりと、次の曲の最初の無音部が「サー、プチッ、サー」のようになるのが最近の機種としてはちょっと気になりました。

またアプリに付属しているSpicetoneというイコライザがなかなか優秀でいくつかのシーンに合わせて設定ができるのですが極端な破綻もせずいい感じに音を変えてくれるが優秀だと思いました。

  • 「NORMAL」なし
  • 「DOGENZAKA」ベースを強調することで、グルーブをより感じられるサウンド
  • 「UDAGAWA」ソリッドでエッジの効いたサウンド
  • 「JINNAN」歌詞や、言葉が聞きやすいサウンド
  • 「SHIBUSAN」音色、リズムをバランスよく感じられるサウンド

とそれぞれ名前が付いたもがあるのですがどれも「これはちょっと…」みたいなものはなく、それぞれが湯校に使えそうな変化をしてくれてました。

マルチポイントには未対応

Xperia Ear Duoもそうでしたが、この機種もマルチポイント接続には未対応です。
やはりBLEで通知を制御してBluetooth Classicで音を流すという仕組み上マルチポイントに対応するのは難しいのかもしれません。

満足度は高い

総じて満足度はとても高いイヤホンです、特にながら聴きをするにはうってつけなのではないでしょうか?
自分の場合はBGM的にイヤホンを使うことが多いので通知読み上げも高精度なのが良かったです。
ただし、イヤーチップについてはシリコンタイプがあまり好きではないので、これは後日コンプライ等のフォームチップに変更してみようと思っています。