TP-Link Deco M5のファームウェアが結構上がってた

安定動作してしまったので特に気にせずに使っていたのですが、久しぶりにフォーラムを見ていたらIPアドレスの手動設定に対応したという書き込みがあったのでチェックしたところ結構バージョンアップされてました。
今まで使っていたのは1.1.6 Build 20171103 Rel. 47257と去年のバージョンだったのですが、

1.2.1 Build 20180606 rel. 52910

1. システムの安定性が向上しました
2. インターネットのVLAN IDタギングに対応しました
3. 細かなバグを修正しました
1.2.1 Build 20180629 rel. 48265

1. ファームウェアのアップグレードの前にDecoアプリのバージョンを更新してください。
2. Deco M9 PlusとP7に対応しました。
3. システムの安定性が向上しました。
4. インターネットのVLANタギングに対応しました。
5. 細かなバグを修正しました。
1.2.3 Build 20180819 rel. 68100

1.LAN IPアドレスの手動設定項目を追加
2.WPS機能の追加
3.PPTPとL2TPクライアント機能の追加
4.パフォーマンスの改善

と立て続けにバージョンアップが入ってました。
最新のBuild 1.2.3 Build 20180819でIPアドレスの手動設定が出来るようになったようですね。
あとdecoアプリを確認したところIEEE802.11rのON/OFFチェックボックスが出来ていました。

うちの場合はブリッジモードで動かしているので、IPアドレスの手動設定に関しては確認出来ていないのですが、手動で設定できるようになったことでより普通のWi-Fiルーターっぽい使い勝手になりそうですね。

尚、TP-Linkの製品にはよくあるリビジョンアップですがDecoに関してもV2リビジョンが出ているようで、こちらはファームウェアが未だに古いままのようなのでここは注意ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です