Jabra Elite 65t用にコンプライTS-160を加工する

前回は適当に転がってたコンプライを加工したのでイヤーピースが外れてしまう時も有りましたが、eイヤホンの店頭で試着をしてみたところコンプライ TS-160がJabra Elite 65tのノズルにはぴったりなのが分かりました。
という訳で加工したのが次の写真の一番右の奴です。

イヤーピース全体の下から5mm程をカットしています。
カットに使ったのはよく切れるカッターナイフで、イヤーピースをこれまた手元にあったドライバーの軸に通してぐるっとナイフをまわしてカットしました。
真ん中の標準Lと比べても大きく見えますが、Jabra Elite 65tの充電ケースはそこそこ余裕がある上、フォームチップなのでちょっと押し込めば簡単に収まりますし、ノズルもしっかりフィットしてるのでイヤーピース自体もちょっとやそっとじゃすっぽ抜けたりしません。

コンプライのLサイズを常用している自分としてはこれでJabra Elite 65tの問題は全て解決したのでこれから愛用していきたいと思います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です