XBOX ONEをVLANで別ネットワークに分離した

TP-Link Deco M5を安定して動作させるのに四苦八苦したのですが、2重ルーターにしてWi-Fiのみを別ネットワーク扱いにすると、有線LAN内に設置しているBDレコーダーなどのDLNA配信に支障(DTCP-IPでは同一ネットワーク内での配信しかできない)があることが分かりました。

最近Primeビデオ等のストリーミングばっかり見ていたのでつい忘れていました。

と言うわけでXBOX ONEはもう他のLAN機器と繋がる必要性がとても薄いのもあり、XBOX ONE自体を既存の家庭内LANから切り離して別ネットワーク扱いにすれば良いだろうと言うことでこれを実施
流石にLANケーブルを新たに這わせるのは大変なのでVLANで対応しました。

まずは最低限必要なVLAN対応ハブを購入


TP-Linkの似たような型番のより安価な物もあったのですが、ここはLifetime Warrantyも付いているNETGEARの物にしました。

で、最終的にだいたいこんな感じになりました
LAN配線図概略

既存ネットワークをVLAN1として、XBOX用ネットワークとしてVLAN10を追加、あとはGS108E間とルーター間をトランクポートに設定してあげれば完了です。

ルーターに使っているWSR-1166DHP2にはOpenWRT/LEDEをインストールしてあったのもあって新しくOpenWRTにもVLANを追加設定し、それ用のインターフェースを作成してGS108Eとの接続ポートをトランクにしてあげればさくっと動作してしまいました。

この辺GUIのLuciでサクサク設定できてしまうので、OpenWRTも随分と簡単になりましたね。

ちなみにOpenWRTはMT7621のハードウェアNATが使いたかったのもあって、現時点のSnapshotバージョンを使用しています。

結果は良好でXBOX ONEのXbox Liveからの通知も問題なく動作していますし、TP-Link Deco M5もブリッジモードに切り替えて家電機器とスマートフォン等のLANと同一のネットワークにしたので、DTCP-IPを使った配信機能も問題なく動作するようになりました。

TP-Link Deco M5が安定動作するまで

先日購入したTP-Link Deco M5ですが、GW中もガチャガチャといじくり回しようやくこれで安定という感じになったのでメモっておきます。

まず最初に気がついた問題

  • 専用アプリでネットワーク設定を見たらDeco1とDeco2が別メッシュネットワーク扱いになっている

これはどうも初期設定作業を途中でiPhoneからAndroidに切り替えたせいのようです。

また、4月の頃のアプリではEthernet Backhaul状態で初期設定をするとどうやっても別ネットワーク扱いになってましたが、5/5日時点でのiOSアプリ(バージョン1.5.7)ではEthernet Backhaulでも同一メッシュネットワークとして構築が出来ました。

尚余計なトラブルを避けるため、初期設定はDeco1とDeco2を同一のハブにLANケーブルで接続した状態で行い、設定が完了した後にDeco2を任意の場所に移設すると言う手順で行いました。

そして次に気がついた問題

  • APモードで動かしていると、XBOX ONEの通知機能が機能しなくなる

XBOXの実績を解除したり、フレンドがオンラインになったり、パーティに招待されたりと言うときに出る『ポコン』って出るあの通知が一切出なくなってしまいました。

当初は自宅のインターネット接続をIPv6とIPv4のデュアルスタックにしたせいかと思ったのですが、DecoユニットをLANから切り離すとこの現象が解消するため、これはDecoユニットが原因と判断。

本当はリピーターハブなどを使ってパケットキャプチャリングをすれば詳しい状況も分かると思うのですが、あいにくとポートミラーリング出来るハブもリピーターハブも手元に無かったため、DecoユニットをAPモードで動かすのは諦め、ルーターモードにして2重ルーター状態にすることで問題を回避しました。

XBOXのネットワークとDecoのLANが論理的にでも別になってしまえばこの現象は回避できるようです。

そして最後の問題がこれ

  • DecoのルーターモードでIPv6をパススルーにするとOpenWRTルーターに大量に「br-lan: received packet on eth0.1 with own address as source address」というエラーが出て、LANがダウンする

これはうちのゲートウェイルーターをやっているWSR-1166DHP(Wi-FiはOFF)にインストールしたOpenWRTの設定の問題でした。

WAN側とLAN側のMACアドレスがデフォルトの状態だと仮想NICで同じものになっているのですが、これを異なるMACにしてあげたところエラーも無くなりLANがダウンしなくなりました。

と言う事でWi-Fiネットワークと有線ネットワークが2重ルーター状態で別ネットワークになると言うことにはなりましたが、これで我が家のTP-Link Decoは問題なく動作するようになった感じです。

ASTRO Gaming MixAmp Pro TRの今の設定

もう購入してから2年半経つけどちょいちょいコメントが来たりするので今の自分の設定を晒しておきます

イコライザ設定

イコライザはASTROの公式サイトにあるMixAmp Pro TR Custom EQ PresetsフォーラムからBeastmode V3-LightとBeastmode2.0を別途持ってきて設定してあります。

これは使っているヘッドセットとの組み合わせでも善し悪しがあるので、使っている物に合わせて気に入ったEQを探してみるしか無いですね。
当然自分で調整するのも全然有りだと思います。

マイク設定

マイク設定はこんな感じ
ノイズゲートは当初「ストリーミング」にしていましたが、これだと環境音入りすぎたりするので、ノイズキャンセルが弱めに入っている「NIGHT」にしてあります。
この辺もヘッドセットとの兼ね合いがあると思うので、いろいろ触ってみると良いと思います。
マイクレベルとSIDE TONEはたぶん弄ってないですね、デフォルトのままです。

あとファームウェアがダウンロード出来ないというケースがあるようですがredditの”All Astro MixAmp™ Pro TR Firmware Versions and Download Links“と言うページに全てのファームウェアが個別にダウンロード出来るようにまとまってました。
但し公式へのリンクでは無く、有志が避難所としてアップローダーに上げた物になっているうのでファイルの改ざんなどのリスクはあるかもしれませんので自身の責任において使う必要がありますね。

ファームウェア以外にもボイスチャット時にエコーが起きたときの対処法がGoogle翻訳でも読みやすいレベルでさらっとまとまっているので、この辺に悩んでいる人は試す価値がありそうです。

今のところうちのXbox One X + MixAmp Pro TR + Sennheiser GSP500の組み合わせはノイズなどの影響も無くノントラブル。

ただし、今のXbox Oneは本体でサポートしたWindows SonicとDolby Atmosの出来がなかなか良いので、サラウンドデバイスとしてMixAmp Pro TRを買うってのは微妙かもしれないですね。
あえて上げるとすれば、

  • ボリュームを細かく調整したい
  • ヘッドセットだけは有線で繋いでおきたい
  • イコライザが使いたいって

あたりがメリットになるのでしょうか?

SENNHEISER GSP 500を購入した

ゼンハイザーの新しいゲーミングヘッドセットGSP500を購入しました。


今使ってるGAME ONEの後継機に当たる機種です。
GAME ONEとGSP500を並べるとこんな感じ。
GSP500とGAME ONE

写真は両方ともイヤーパッドのアジャスターは最大になっている状態。
ヘッドバンドの形状の違いから、最大状態でもフィットできる限界が違っていてGAME ONEの方が頭の大きい人には楽に装着できます。

自分は頭が大きい方なのですが、GAME ONEはこの状態でゆったりフィットする感じですが、GSP500はヘッドバンドを強めに頭頂部に押しつけて調整してあげないと耳の位置あわせがちょっと辛いです。

側圧はGSP500の方を設定を最弱にしてみましたが、GAME ONEのアジャスターを最大にしてゆったり付けている人間には結構強めに感じました、ただし買ってすぐの状態なのでこれは使っているうちに少しはこなれてくることを期待。

イヤーパッドがふんわりしているGAME ONEは開放型とは言えイヤーカップで覆われている感覚がありましたが、GSP500はイヤーパッドが結構しっかりしているうえ、イヤーカップ内の空間が大きくなっているので、イヤーカップで覆われている感覚はほとんどない感じです。

ケーブルはブッシュの部分に違いがちょっとありますが基本的にはほぼ同じ物っぽい感じですね。

GAME ONEとGSP500のケーブル

個人的にGSP500を買う切っ掛けになったのはここ

ボリュームコントローラー

ボリュームコントローラーの部分です、これGAME ONEでは簡単にくるくる回ってしまう物だったのですが、GSP500は抵抗があってヌルヌル動くタイプのボリュームになっていて、GAME ONEのように脱着時に触ってしまってボリュームが回ってしまって爆音にやられたりミュートになっててあれ?って事が無いです。

あと、ミュート側に回してミュートになるとカチッとクリック感があってミュートになったのが分かります。

GAME ONEはその辺がちょっと不便だったのでGSP500の改良点は魅力的でした。

ちなみに現在はXbox ワイヤレス コントローラーXbox One ヘッドセット アダプター経由で接続しています。
音量については十分取れていて、GSP500のボリューム50%~70%ぐらいで十分という感じ、これ以上回すとちょっと難聴注意ってレベルの音量でした。

GSP500とXbox Oneコントローラー

音に関してはとても素直な音が鳴ってます、取りあえず今集中的に試しているMonster Huter Worldで試しましたがXbox OneのWindows Sonicが環境音のサラウンド再生にとてもマッチしています。
これ、イコライザが必要無ければXboxOne環境ではそろそろ外部デコーダーのMixAmp Pro TRはもう必要ないのかもしれないと思いました。

(5/7追記)
当初、側圧はマニュアルに記載されている最弱で一番外側にスライダーを調整していたのですが、4gamerのレビュー記事を見ると「スライダーは,左右中央に近づけると締め付けが弱く,離すと強くなっていく」と言うことでマニュアルの記載が誤記っぽいです。左右中央にスライダーを近づけたらゆったりつけられるようになりました。

iPhone Xレザーフォリオにストラップホールを開ける


iPhone Xにはレザーフォリオケースを装着して使っているのですが、どうにもストラップが無いといつかは落しそうなので、ストラップホールを開けてみました。
機材があれば自分でも出来そうでしたが、このためだけに揃えるのも面倒なので業者さんに頼みました。

頼んだのは割といろんな所にある鞄などの修理を請け負ってくれるミスターミニットです。

私の場合は鞄修理と同じ扱いで工場に一度送って作業と言うことになったので仕上がりまで4週間でした。
費用はちょっとうろ覚えですが3000円ぐらい、同様の加工をされてた方のツイートに添付されてた画像を印刷して店頭に持っていったら話が早かったです。