Kindle Oasis 2017のカバーをサードパーティーの物に変更した

もう先月のことになりますが、個人的に4代目となるKindleとなるKindle Oasis 2017モデルを購入しました。
Voyageを発売日に買ってから3年、流石にバッテリーの持ちが心許なくなってきたので買い換えです。
スマホも持たずにKindleと財布だけ持って出かけるというシチュエーションが結構あるので当然ながら3Gモデルです。


カバーは防水と言う事で純正ファブリックカバーにしたのですが、これがAmazonのレビューにもあるとおり出来があまり良くなく、サポートに相談したところそのレビューの状況を知っているようで即座に返品を受けるという話になりました。

純正レザーカバーの方にするという手もあったのですが、そもそもグリップ部分の段差を埋めてしまう仕様が予想以上に持ちにくかったのでサードパーティー製の「ATiC Kindle Oasis (Newモデル) 2017用開閉式軽量薄型ケース」というケースにしてみました

本当はVoyageの純正カバーに付いていたORIGAMI方式のスタンド機能があると嬉しいのですが、現状では選択肢が無いためここはあえてスタンド無しのケースにしました。



表紙の部分にちょっとした柄が空押しで入っており、他の無地のモノトーンカラーの物よりは良いかな?と思って選びました。
カバー自体はプラスチックの背面カバーに合皮が貼ってあり、ディスプレイ面の裏はスエード調になっています。
オートスリープも問題なく機能しますし、純正カバーのようにグリップの段差部分を埋めてしまわないのでOasisのページめくりボタンを使っての読書では持ちやすいです。

なお、Voyageを3年使っていたのもあって、ページめくりボタンは上を「戻る」、下を「進む」にしました。
あと、今回のOasisではディスプレイ表示を大きくするというオプションが使えるようになっているのですが、これを有効にするとUI部分の表示が若干大きくなり、バッテリー表示部分へ残量の%表示が出来るようになりました

今までこの部分を表示するにはJailbreakするしか無かったのでこれはちょっと嬉しい改良ですね、出来ればスマホ版同様に読書中も時刻表示が出来るようになってくれると尚嬉しいところなんですけどね

Emporio Armani Connected Albertoを買ってみた

ハイブリッドスマートウォッチとしてFossil QをAndroid Wearの物と併用していたのですが、どうにもこのFossil Qはデザインは気に入っていたのですが、せっかくのサブダイヤルが自分にとっては意味無いと感じていました。

たまたま同じFossilが展開するハイブリッドスマートウォッチを眺めていたところ、エンポリオ・アルマーニブランドで展開しているEmporio Armani Connectedはサブダイヤルがカレンダーになっているのが分かり、たまたまeBayで新品が$120程で出ていたので購入してみました。

届いた物はこんな感じ

同じFossilブランドの物でもアラーム動作時に長針と短針がパタパタしないなど微妙な機能の違いはありますが、基本的にはスマホ側ソフトも見た目が違うだけで全く同じ機能を有しています。

文字盤については長針と短針のみ夜光塗料が塗られていますが、光量ほルミノーバなどに比べたらかなり弱々しいので夜間の視認性はあまり期待できません。
また文字盤も1時~5時までの所はアクティビティトラッカー用のゲージが印字されているので正確に何分、と言うのを読み取るにはちょっと慣れが必要かと思います。
通知に関してはレザーバンドでFossil Qの時のメタルバンドよりは密着度が増しているため、振動の強さは同じだと思うのですが、Fossil Q Nateの時のように振動が弱くて通知を感じられないという事は無かったです。

あとはこのFossilブランドハイブリッドスマートウォッチの共通した不満点『着信通知がメール等と一緒でバイブ1回しかしない』ですね。
せめてこれだけ着信中は振動が継続するという設定が出来ればより便利に使えると思っています。

レザーバンドは結構気に入ったのですが夏場は辛いと思うので、別途サードパーティーのメタルバンドも調達しようかと思っています。

USB3.0リンクケーブルを買ってみた

会社のWindows PCとAD参加していない検証用のiMac間のやりとりが非常に面倒くさくなってきたので、キーボードとマウスも共有できるUSB3.0リンクケーブルを買ってみました。
買ったのはサンワサプライのKB-USB-LINK4です


とりあえずWindows PCとiMacを繋いで見ましたが問題なく繋がったのですが、ソフト面の出来があまり良くない感じで癖があります。
取りあえず気がついたところでは

  • スリープなどで一度接続が切断されると、双方のPCの接続ソフトを再起動する必要がある
  • Windows PCの方は毎回LEWD.exeが起動される際に管理者権限を要求するUACが表示される

と言うあたりが気になりました。

Windowsの方はSmartLink.exe > SDLoader.exe > LEWD.exeという順番で起動するようなので、SmartLink.exeをUACを回避するためにタスクスケジューラから最上位権限で起動するように設定はしてみた物の、プロセスとしては起動しますがタスクトレイに出てこず、リンクも確立しないと言う事で諦めました。

実際動作確認するときのみしか使わないので、常駐させるのをやめ、使うときだけソフトを起動させることでPC起動時にUACに煩わされることはなくなりました。

Xbox One Elite コントローラー用シリコンカバー

Xbox One Elite コントローラーはとても便利なのですが唯一の欠点としてラバーグリップが汗臭くなるという問題があります。
なのでたまにバキバキと取り外して洗ったりしているのですが流石に面倒くさくなったのでシリコンカバーを被せてみました。


購入したのはアマゾンで売ってたこれ


普通のXBOXコントローラーでも問題ないようですが、私の場合はチャットパッドをつけているのでちょっとカットして装着してみました。

カットした後にチャットパッドをつけました、後ろがちょっと浮きますが、パドルが抑えてくれるので特に問題ありません

見た目は不細工になりますが、カバー自体が臭うと言うこともありませんし、コントローラーが汗臭くなった上に触った手も臭くなるのに比べればさしたる問題でも無いので、これでちょっと使ってみたいと思います。

GPD Pocketが届く前に買っておこうと思う物

まずは液晶保護フィルター
結構反射がきついと言うレビューを見たのでノングレア保護フィルムのOverLay Plus
これは、ASUSのT90Chiを在来線グリーン車や新幹線で使っていたときに照明の反射の悩みをこれを貼ることで解消出来たので個人的には鉄板のフィルムです。

次にThinkPad ロープロファイルトラックポイント・キャップ
GPD付属の物は結構滑るというレビューがあったのでコイツが良いようです。

あとこれは買うかどうか悩んでますがYubikey4 Nano
FIDO U2Fに対応したワンタイムパスワードトークンで、自分の場合はNFC対応のYubikey NEOでいろんな所の2段階認証をさせてますが、モバイルで使う際にいちいちキーケースからトークンを取り出して……ってのは面倒なので、常備USB Aポートに入れておくのもありかな?と思ってます