DIGNO DUAL 2 WX10KからXperia Z Ultra SOL24へ






DIGNO DUAL 2 WX10Kですが3Gに落ちたときの低速度がどうしても我慢ならない感じだったので、いっそmineoのau回線に出戻ってみることにしました。
端末は丁度興味もあったし、MNP一括0円だったSOL24、Xperia Z Ultraです。
フィルムはガラスフィルムを貼って、ケースはレイアウトのスタンドにもなるケースにしてみました。


DIGNO DUAL2 WX10KでTWONKY BEAMが使えるようになった

購入直後に試して動作しなかったTwonky Beamですが、どうやらいろんなプラットフォームのいろんな環境で発生していたトラブルのようで、1/17のアップデートでnasneからの持ち出し転送も視聴も問題なく動くようになりました。
これで仕方なく使っていたDiXiM Playerを使わずに済みます。
DiXiM Playerも完成度は高いのですが、著作権保護の為に常にサーバーとの通信を行う仕様が移動時に使っているとストレスが溜まるのであまり好きになれませんでした。
3Gと4Gの切り替えが行われるたびに再生が止まり、「サーバーに接続中」>「バッファリング中」という表示がいちいち出るので、丁度3Gと4Gの境目のような所だと頻繁に再生が止まるので結構イライラするんですよね。
また、CM飛ばしのためにスキップの度に「バッファリング中」というダイアログが出てスキップの度にバッファリングで待たされるのもストレスになります。
その点Twonky Beamはそんな通信も無く、スキップもサクサク動くので凄く使いやすく感じます。

DIGNO DUAL2 WX10KでTwonky Beamとnasneの組み合わせが動作せず

先日Xperia UL SOL22からDIGNO DUAL2 WX10KにMNPしましたが、Twonky Beamが上手く動かずちょっと残念な感じ
nasneとの組み合わせで使っているんですが録画番組の再生も持ち出しも全く出来ません。
持ち出しをしようと番組を選択して持ち出しボタンを押してみると、
2014-01-07 22.10.00
即座に「失敗」になってしまいます。
2014-01-07 22.10.07
端末を初期化してTwonky Beamのみをインストールしてみても変わらないのでどうもアプリの不具合か、端末との相性のようです。
Twonky Beamのバージョンは3.5.3-403(DTCP-IP対応版)
WX10のビルド番号は102.0.2e00

auからWILLCOMへ

年初め、ウィルコムからWX10KにMNPすると2万円キャッシュバックと月額基本料金3年間無料のキャンペーンのお知らせが来たので、思い切ってauからWILLCOMへメインの携帯電話をMNPしてみました。
そんなわけでXperia ULからDIGNO DUAL 2へ乗り換えです。
プランはLumia 1020もあるのでウィルコムプランLiteで運用して月額3000円ぐらいの運用費用になる予定です。
今のauの維持費の半額ぐらいですね。