Sound Blaster EVO ZxRの装着感を改善

Sound Blaster EVO ZxRはヘッドクッションがヘッドバンドの上部に割と盛り上がった状態で配置されていて、装着すると頭のてっぺんのみでヘッドホンを支える形になり、長時間つけているとそこが居たくなってくるため何とかならないかと思ってたんですが、


こんな感じにヘッドバンドの左右にウレタンフォームをくっつけてみました。
これによって頭との接点が3か所になり、長時間つけていても痛くなりにくいはずです。
ちなみに外した状態だと不格好ですが、装着してしまうとウレタンフォームはつぶれて頭と密着するので、屋外でもそんな変な見た目にはなりません。


Sound Blaster EVO ZxRを修理する

先日右ヒンジが壊れSound Blaster EVO ZxRですが、自己修理してみました。
まずは右ヒンジがああなった以上、左ヒンジもどうにかなるんじゃないかと、こっちのネジを外して左ヒンジを分解してみます


案の定左ヒンジのねじ受けも崩壊が始まっていて、開けた途端に内部のねじ受けがバラバラになって破片が出てきました。
仕方がないので両ヒンジとも修理することにします。
砕け散ったねじ受け部分にプラリペアを盛ります


持ったプラリペアを電動リューターで成形してたらさらに根元からもぎ取れてしまいました…このプラスチックパーツの脆さは酷いですね


電動リューターで成形完了


ネジ穴をあけてしまうと強度が落ちそうだったので、ヒンジパーツはねじ止めせずにガムテープで固定してしまいした。
黒ガムテープならそんなに目立つ感じでもありません。






同様に先に壊れていた右ヒンジもプラリペアで崩壊したねじ受けを再建してガムテープ固定です。




これで修理完了、何とかなりました。



Sound Blaster EVO ZxRが壊れる






ネットでもヒンジ部分が弱くて壊れやすいという評判でしたが、ついにうちの個体でも壊れてしまいました。
ヒンジ内部のネジ受けの部分が根こそぎもげていて、ネジ止めされていたヒンジがぱっくりと左右に分解してしまった感じです。
サポートに問い合わせたところ、修理に出すと24,521 円(税込)かかるようで、新品の物を18,900円で購入した方が良いようです。
とりあえずガムテープで応急処置していますが、ちょっと買い換えるのももったいないので自己修理しようかなと思っています。