BUF634FをWide BW modeにしてみた(抵抗なし)



200Ωの抵抗でWide BW modeにしたBUF634Fが結構いい感じだったので、もう1セットBUF634Fを用意して抵抗なしで出力MAXのWide BW modeにしてみました。
200ΩのWide BW modeもよかったですが、こっちはよりパワフルな感じに。
出力がでかいだけに結構発熱しますが、とりあえずその為のDDPAKパッケージですしあまり気にしないことにします。

E12DIYのBUF634FをWide BW modeにしてみた

なんかiBasso P4の時のOPA627BP+BUF634Pの組み合わせに比べると、E12DIYのOPA627AU+BUF634Fの組み合わせはイマイチぱっとしないな……と思って当時のセッティングを思い出していたら、P4はBUF634をスタックした上で更に抵抗がついてたな……というのを思い出しました。
よくよくiBasso P4の仕様を眺めていたらバッファの付属品が「BUF634P WB*2, BUF634U*2」となっていてん?WBとな?ということで、どうやらBUF634Uの上にBUF634P WBを載せていたようです。抵抗がついていたのはWBモードにしてあったんですね。
当時は初のPHPAということもあり、あまり気にせずローリングしていたのでした。
というわけでE12DIYのDIPの装着スペースだとBUF634のスタックは難しいので、とりあえずWB mode(TIのデータシートだとWide BW mode)にしてみることに


こんな感じでBUF634Fだと1番がBW、3番がV-なので、ここにP4付属品と同じ200Ωの抵抗を付けてみました。


左右に半田付けして完了。
結果から言うと大満足。
OPA627AUが凄く華やかな音を出すようになりました。
ただ今回は200Ωにとりあえずしましたがデータシートを見ると抵抗値で出力が変わるようなので、もう1セットBUF634Fを用意して0ΩでBW modeにしたらどうか試してみようかと思います。

OPA627AUをFiio E12DIYに投入

去年末にチップワンストップに注文していたOPA627AUが届いたので、さっそくFiio E12DIY付属の変換基板に半田付けしてE12DIYに入れてみました。
オペアンプが微妙に曲がって半田付けされているのは私がへたくそなせいですね。
とりあえず、これで以前iBasso P4で使っていたお気に入りのOPA627+BUF634とうそっくりの構成に出来たので、しばらく使ってみようと思います。

Fiio E12DIYの付属品にOPAMPやバッファの変換基盤が付いてた

このBLOGのコメントで教えていただきました。
Fiio E12DIYですが、なんとOPAMPやバッファの変換基盤のみが付属してました。
普通にOPAMPのキットの缶ケースを開けるとこんな感じなんですが

なんとこの間ケースからスポンジを引っ張り出して、裏面を確認すると

こんな感じにチップの実装されていない変換基盤のみがずらっと
これマニュアルの付属品一覧にも全く書いてないのでコメントを貰わなかったら全然気が付きませんでした
そんなわけで、OPA627AUを実装できそうなめどが立ったので早速チッフワンストップに注文かけてみました、正月休み明けにはこの基盤に実装して楽しめそうな予感