PCケースをSST-GT08BからPC-C60に変更した

使い続けているうちにいろいろと中身の変更などが有ってSST-GD08Bが大きすぎてメンテしにくいと感じてきたのでケースを変更しました。
しかしながらHTPCケース市場は冷え切っていて新機種も大して出ていないので、Lian-LiのPC-C60をヤフオクで\20k程度で購入しました。


before

after

とにかくネジが多かったので入れ替えするだけで4時間ぐらいかかりました。
まずHDD RAIDをやめたのでSST-GD08BのHDDラック部分は不要でしたし、OCするにあたってセール品があったので半ば興味半分でいれた簡易水冷(Corsair H100i)も定格運用に戻したので不要と言うことで取り外しました。

簡易水冷の代わりに入れたCPUクーラーは中古で\3980で売られていたAXP-200
当初メモリー上にも被さる方向にクーラーをつけていたのですが、PC-C60の場合は5インチベイが干渉してしまうため逆のVRM側に被さるように変更。

ケースファンは前オーナーさんがCFY-140Sに換装していて特に軸音などもしていないためそのまま流用、コイツは既に廃版になっていてCFY-140SAに置き換わって居るみたいですね。

当初電源ケーブルもCableMod製のスリーブケーブルにして取り回しを良くしようかな?等と思ったのですが、日本で代理店をやっているオリオスペックが在庫切れ状態な上


と、近々再入荷すると言う事なのでとりあえず海外から取り寄せるのはやめておきました。

性能は全然変わってないんですが、1サイズ小さいサイズになって取り回ししやすくなったので満足の行く交換となりました。

PentiumG 3258のOC

せっかくの倍率ロックフリーで4.7Ghz駆動もできるーと話題になったPentiumG 3258を使っているのでOCしてみましたが、どうもこの個体はハズレのようです。
取りあえずZ97 Extreme4のUEFIにある「Load Optimizer CPU OC Setting」を使って4.4Ghzまでは安定して動くのですが、4.5GhzにしたとたんWindowsブートロゴでBSoD。
それでは、とvcoreを徐々に上げていき1.4vまで上げてもWindows7の「ようこそ」画面でBSoDとなってしまうようです。
4.4Ghz動作時のvcoreは1.31vでOCCT 60分の結果はこんな感じ
Pentium G3258 4.4Ghz OCCT
温度はMAX 66度と言ったところなので温度的には全然余裕があるのですが、とにかく4.4Ghz以上ではどうやってもBSoDなのはちょっと残念でした。

ボトルネックの解消でRAIDが本領発揮

AMD > Intelへ移行した結果、PCI-E 3.0の環境になったせいかストレージとして組み込んであるMegaRAID SAS 9271-4iが本領発揮状態になったようです。
以前のベンチマーク結果に対して

AMD環境ベンチマーク
AMD環境ベンチマーク

こうなりました
Intel環境ベンチマーク
Intel環境ベンチマーク

やはり以前のRAID環境では本気を出せてなかったようです、PCの不調は痛かったですが結果的にはボトルネックの解消ができて良かったかも知れません。

AMDからIntelへ

メインで使っていたデスクトップが原因不明のフリーズ>リブートを繰り返すようになってしまったため、CPUとマザーボードを交換してみました。
memtest86+ではエラーが出てないのでメモリーはそのまま、GPUも表示上は問題が出ていないのでこちらもそのままです。
トラブルの切り分けの意味合いもあったので、取りあえずはIntel Pentium G3258とASRock Z97 Extreme4とCPUは安価な物にして、マザーボードはそこそこ良い奴にしてみました。



これで治るようなら、CPUはそのうちi5/i7辺りに変更すれば良いなと思います。
現在の仕様はこんな感じになりました。

CPU INTEL Pentium G3258
RAM G.Skill F3-1866C9D-8GAB
M/B ASRock Z97 Extreme4
VGA Club 3D Radeon HD 7870 jokerCard(CGAX-7876XT)
RAID LSI MegaRAID SAS 9271-4i
HDD CFD CSSD-S6T128NHG6Q
HDD CFD CSSD-S6T128NHG6Q
HDD CFD CSSD-S6T128NHG6Q
HDD CFD CSSD-S6T128NHG6Q
CASE SILVERSTONE SST-GD08B
PSU Seasonic SS-750KM3
CPU Cooler Corsair H100i
CASE FAN Owltech 山洋電機 SF12-S4
CASE FAN Owltech 山洋電機 SF12-S4
CASE FAN Owltech 山洋電機 SF12-S4
CASE FAN Owltech 山洋電機 SF8-S4

デスクトップPCに簡易水冷を組み込む

以前から興味はあったので思い切って組み込んでみました。
ケースはSST-GD08、使用した簡易水冷はCORSAIR H100iです。
ラジエター設置はサイドの12cmファン*2のスペースにして、ファンは外付けにして吸気方向に設置してあります。





他にも電源の交換と吸気ファンをケース付属のSilverStoneの物からOwltechの山洋電機SF12-S4を3つと、写真では取り付けてませんが、排気ファンに同じくOwltechの山洋電機SF8-S4を取り付けています。
このファンは静音とはいえフル回転で回すと結構音がするのでASUSマザーボードのQ-FANというファンコントロール機能を使ってやることで静かに使えています。
モニターを見ると800-900回転ぐらいで回っているようです。
この変更を踏まえて今のメインPCはこんな感じになりました。

CPU AMD FX-8150
RAM G.Skill F3-1866C9D-8GAB
M/B ASUS SABERTOOTH 990FX R2.0
VGA Club 3D Radeon HD 7870 jokerCard(CGAX-7876XT)
RAID LSI MegaRAID SAS 9271-4i
HDD CFD CSSD-S6T128NHG6Q
HDD CFD CSSD-S6T128NHG6Q
HDD CFD CSSD-S6T128NHG6Q
HDD CFD CSSD-S6T128NHG6Q
Sound ASUS Xonar HDAV1.3 Slim
CASE SILVERSTONE SST-GD08B
PSU Seasonic SS-750KM3
CPU Cooler Corsair H100i
CASE FAN Owltech 山洋電機 SF12-S4
CASE FAN Owltech 山洋電機 SF12-S4
CASE FAN Owltech 山洋電機 SF12-S4
CASE FAN Owltech 山洋電機 SF8-S4