メインの端末をXperia Z1fに変更しました

今までZ3を使っていたわけですが、丁度上着が必要無くなる季節になりカメラ用に使っていたLumia 1020がDMC-CM1へと大型化したのもあって両方を持ち歩くのが辛くなりました。

そこでかねてより5インチも要らないなぁと思っていたZ3をZ1fへと変更。
Z3 Compactにするのが端末の世代的にも丁度良かったんですが、白ROM市場で未だに4万円前後する物なので、今回は2万円弱で購入できるZ1fにしました。

Z1fはJ1 CompactのROMがFlash出来るので、お手軽にキャリア専用アプリが無い環境を作れるというのも理由の一つです。

この辺の環境構築は詳しいサイトがいくらでもあるので詳細は省きますが、今回は中古白ROMなのでおサイフケータイをJ1CのROMで使うにはおサイフケータイの設定ファイル類を移植する必要があります。
結果的にroot端末となりました。

  1. Z1fのROMから/system/etc/docomoset及び/system/etc/felica内のファイルとパーミッションをバックアップ
  2. J1Cの14.4.C.0.114をFlashする
  3. キューブ実験室のrootkitにてroot化
  4. XZDualRecoveryでカスタムリカバリを導入
  5. 1.のファイル類とパーミッションを復元
  6. J1CのROM 14.4.C.0.136とキューブ実験室のprerootedを用いてアップデーターを作成
  7. カスタムリカバリからprerootedをインストールしておサイフケータイの使えるJ1C 14.4.C.0.136完成
  8. Xposedが使いたい場合はXDAにあるSDK19対応版のXposed Frameworkをインストール

あとはいつものガラス保護フィルム(前面)を貼ります。
このJGLASSブランドの保護ガラスはコーティングがとても優れているところがお気に入りで、指紋も付かないしずーっとすべすべなので対応品が有る物はいろんな端末に付けています。

背面には残念ながらJGLASSの物は無いのでLEPLUSの物を貼ります。
ここは一度ケチって1000円ぐらいの0.33mmの物を貼ってみたんですが、ラウンド処理はされてないは分厚いわで指が引っかかってしょうが無かったのでちゃんとラウンド処理されているこちらにしました。

カバーはZ3ではフリップタイプもカードホルダー付きの物を使っていてスターバックスカードミニとTカードを持ち歩いていたのですが、Z1fはなるべく小さいままにしておきたかったので

クリアカバーとシンジポーチの組み合わせにしてみました


こんな感じになっていますが、おサイフケータイも使えますし特に問題は無いようです。
カードの磁気部分が壊れる可能性もあるのですが、これはちょっとしばらく使って様子を見たいと思います。
Z1f
Z1f

やはりSnapdragon 800だからなのかZ3に比べたら過熱がちょっと気になりますが全体的に夏用に満足いく小型機種への乗り換えとなりました。

DMC-CM1を購入した

PanasonicのDMC-CM1を購入しました。
今までデジカメ代わりに使っていたLumia 1020が公式にはWindows 10 Mobileにアップデートされないのがわかって少しがっかりしていたところに、eBayで安く売られているという情報をキャッチしたので買い換えです。

該当のeBayがこちら

よく見るとどうやら掲載されている情報では北米仕様の製品のようでCellular Networkが

3.5G (HSPA+, UMTS/WCDMA ) MHz:850, 900, 1700, 1900, 2100
4G (LTE ) Bands:2, 4, 5, 7, 17

となっており、日本では3Gでしか使えない物のようです。

まぁ、Wi-Fi運用でなんとかなるかな~と思っていたところTwitterでこのようなツイートを発見し、

もしかしてヨーロッパ/アジア仕様に物もどこかで安く売られているのか?と思ってお聞きしたところ


と言う事だったので即購入してしまいました。

送料は無料だったので44000円弱と言ったところで購入できました。
また、送料は「International Flat Rate Postage」で無料ということだったので香港のセラーだったのもあり、香港から通常航空便でのんびり届くのかと思ったのですが、FedEx International Economyで台湾からの発送でした。
そのおかげで発送から3日で埼玉の自宅に到着してしまいました。

Fedexにしては珍しく、最終委託業者は日本郵便でゆうパックで届きました。

さて、実際に開封の儀を執り行います

税関検査で開封済み
税関検査で開封済み

税関で開封検査することは知ってましたが、再梱包するときにこういう専用のテープで梱包されることがあるのは初めてでちょっと驚き。
パッケージ
パッケージ

何故か紙マニュアルだけパッケージの上に別途入っていたのが細かいことは気にしません。
起動中
起動中

ちゃんとLumixロゴなんですね。
マニュアル表記
マニュアル表記

マニュアル表記によると日本語版と同じくLTE BAND 1/3が使える物のようです。
LTE接続問題なし
LTE接続問題なし

実際にSIMを入れたところ問題なくLTE接続出来ました。
技適表示
技適表示

また技適表示についても問題なく日本で使用可能です。

取りあえずまだ屋外では使用していないのですが、Lumia 1020の接写に弱かった点などは克服できてますしAndroid 5.0のサブのスマホとして役に立ちそうです。

Xiaomi Redmi Note 3 ProにXiaomi.euをインストールしても起動しないとき

一番最初にRedmi Note 3 Proにxiaomi.eu 7.1.18をFlash焼いてもmiロゴから起動しなかった事があったのでメモ

Xiaomi.eu Rom For Redmi Note 3 “kenzo”

に書いてあるとおりDM-Verityによって起動しなくなっていることが原因のようで、リンク先の改変カーネルをFlashしてあげることで無事に起動するようになりました。

MIUIでLastPassを動かすときの設定

Redmi Note 3 ProのMIUI(xiami.eu)でパスワード管理ソフトのLastPassの自動入力機能が効かなかったので動かすまでの設定のメモ

MIUIはどうやらアプリに対する権限設定が厳密に設定できるようになっているうえ、自動起動を抑制するのが標準になっているため、バックグラウンドに常駐するとかポップアップで起動するようなアプリがそのままでは動かないようです。

LastPassの自動入力機能はまさにバックグラウンドに常駐してポップアップで入力補助をするというアプリなのでここに引っかかっていました。

まず、ポップアップを許可するように設定します。
Setting > Installed apps > Lastpassと辿ります。

Permission managerを選択
Permission managerを選択

一番下にPermission managerという項目があるのでここを選択
Display pop-up windowにチェックを入れる
Display pop-up windowにチェックを入れる

Display pop-up windowにチェックを入れることでポップアップが許可されました。

続いて自動起動です。
これはSecurityアプリから行います。
Permissionsを選びます。

Permissionsを選ぶ
Permissionsを選ぶ

次にAutostartという項目があるのでここを選びます
Autostartを選ぶ
Autostartを選ぶ

あとはバックグラウンドで動かしたいアプリをタップしてONにしてあげれば完了。
バックグラウンドで動作させたいアプリをONにする
バックグラウンドで動作させたいアプリをONにする

あと、LastPassでは基本ですがSettings > Addisional settings > AccessibilityにあるSERVICESでLastPassをONにしている必要があります。
LastPassがONになっているのを確認
LastPassがONになっているのを確認

Xiaomi Redmi Note 3 ProのMENUとBACKボタンを入れ替える

Xiaomi Redmi Note 3 Proは中華端末やGalaxy等と同じで、前面のボタンの並びが メニュー|ホーム|戻る という配置になっています。
5.5インチ液晶の割と大柄な端末と言うことも有り、左手で持っていると「戻る」にボタンが届かなくて大変なので、これを入れ替えてみました。
一般的なAndroid端末の場合Generic.klを編集することでボタンの入れ替えが出来るようなのですが、Redmi Note 3 Proでは反映されません。

いろいろ調べて見た結果Naoログさんの記事でXperia mini Proに関する記事なのですが、現在読み込まれているキーボードのレイアウト等を調べるのにはdumpsys Inputコマンドを使えば良いということなのでさっそくRedmi Note 3 Proで試したところ


shell@kenzo:/ $ dumpsys input
INPUT MANAGER (dumpsys input)

Event Hub State:
BuiltInKeyboardId: 6
Devices:
-1: Virtual

~(省略)~

KeyLayoutFile: /system/usr/keylayout/Generic.kl
KeyCharacterMapFile: /system/usr/keychars/Virtual.kcm

11: ft5x06_ts

~(省略)~

KeyLayoutFile: /system/usr/keylayout/ft5x06_ts.kl
KeyCharacterMapFile: /system/usr/keychars/Generic.kcm

と言う事でGeneric.klの他にもft5x06_ts.klと言う物が追加で読み込まれていることが確認出来たので、こちらのファイル内のMENUとBACKを入れ替えてやることでボタン入れ替えが上手くいきました。