ThinkPad T430を購入した

Thinkpad 13 Chromebookを予想以上に気に入ったので、使用頻度が低いWindowsノートPCもThinkPadに買い換えてみました。

購入したのは中古のThinkpad T430(2347-CL2)で、中古で 25,756円(税込)でした。
A4クラスの物で探していたところThinkPad 専門店 Be-StockのTwitter方に状態の良さそうな個体の宣伝が出ていたので手頃な値段と相まって即購入。

届いた物はキートップに若干テカリと、タッチパッドのコーティングに剥げがあるもの、かなり状態が良い物に見えるので満足です。
キーボードのテカリはUSキーボードに載せ換えるつもりだったのであまり気になりません。

USキーボードはAmazonから購入しました、出元がよく分かりませんが特にタイプ感などで問題の無い個体が届きました。

RAMはX550DPに増設していた4GBの物を流用増設して合計8GB、HDDも同様にX550DPに換装していたSSDを転用してます。


SSDは256GBの物で少し物足りなさを感じているため、DVD-ROMを外してセカンダリHDDを取り付けられるアダプターを導入しようかと考えています。

また無線LANもIntel AC7260に載せ換えましたが、こいつは他のThinkpad同様にホワイトリストをBIOSに持っているのでBIOS改造が必要なうえ、このT430はSecurebootの関係からかOS上から改造BIOSが書き込めなくなっています。
そのため、SPIプログラマーとSOIC8用のテストクリップを用いてBIOSフラッシュROMを外部から書き換えてやる必要があり、完全に分解してマザーボードを取り出し、別のPCからBIOSを書き込む必要があるため結構作業が面倒くさかったです。

まぁ、分解の過程でCPUの熱伝導グリスが完全に乾いてしまっているのが分かったのでこれをついでに塗り直しておきました。

BIOSの書き換え必要な手順等は海外フォーラムにあったので、こちらが役に立ちました。



SPIプログラマーを使ってのBIOSフラッシュはテストクリップが安物なのもあるようで、上手く書き込めてないことが多々あり、基本的にベリファイに成功しないときはクリップの接触不良を疑ってやり直した方が良いみたいです。
そこに気がつかずにT430を3回ぐらい分解し直すハメになりました。

最終的にWindows10をインストールして問題なく動作しています。
Lenovoになったとはいえ、やはりマグネシウム構造フレームが入っているせいか使っていてThinkpadらしいカッチリした剛性感があるのは安心感がありますね。

NuAns NEO [Reloaded]を購入した


IIJmioサプライサービスにてAmazonギフト5000円分のキャッシュバックを実施していたため、SIMを契約しているのもあってこちらから購入してみました。
到着までのタイムラインはこんな感じです、予想以上に本人確認から到着までに待たされました。

  • 6/9 10:00 申し込み完了
  • 6/9 10:10 本人確認書類画像送信
  • 6/10 12:50 本人確認書類画像再提出の通知
  • 6/10 13:40 本人確認書類画像再送信
  • 6/11 15:00 本人確認完了
  • 6/17 6:00 発送通知
  • 6/18 10:00 受領

到着した端末のファームウェアはV18だったので、「NuAns NEO [Reloaded] ファームウェアアップデートのお願い」には該当せず、初回出荷分ではなく二次出荷分が送られてきたのかな?と思います。
これが発送までの時間を要した原因かもしれません、IIJ側で初期受注数の予測が外れて必要数の端末を確保出来てなかったのかも知れ無いなと感じました。

TWOTONEが特徴的な端末ですが、クレジットカードとポイントカードを同時に持ち歩きたかったためカバーはFLIPを選びました

ただ、このFLIPあまり加工精度が高くなく、一度返品して再購入したものです。
最初に届いた物はカードポケットにゴミと思われる紙片が接着されており、スエード地から全く剥がすことがなかったため返品
二度目に来たのが今の物なのですが、これも目立たないのですが背面のカバーの接着部にゴミが混入したまま接着されてます



とりあえず気になるところはそれぐらいで全体的に問題なく使えています。

前端末はXperia Z5 Compact (SO-02H)ですがNEO Reloadedの方が体感的にサクサク動いている印象があります。

ディスプレイが消灯しているスタンバイ状態から指紋認証をすればスタンバイが解除されてホーム画面が表示出来るのも自分の使い方としてはとても便利になりました、Xperiaのサイドセンサーはスタンバイを一度解除した上で、指紋認証と言う流れでしたが、その認証もサイドにセンサーがあるせいでケース等の影響が大きくやりにくかったので、使い勝手が良くなっています。

届いたThinkpad 13 Chromebook



届いたThinkpad 13 Chromebookですがほぼ新品といった感じで良かったです。キーボードが汚れて見えますが私の皮脂です、2週間ほど使用したのでちょっと汚れてます、クリーニングして写真撮れば良かったかな

ただ、液晶には輸送中に付いたのか盛大なキーボード跡が付いてました、液晶用のクリーナーで取れそうな気もしたのですが、

どうせFHDパネルに交換してしまうので適当に角からオープナーをぶっ込んでべきべきベゼルを外して交換してしまいました。

ベゼルを外せばネジ4本とコネクター付け替えをするだけの簡単な作業ですね

Thinkpad 13 Chromebookを買ってみた

去年の10月にACER Chromebook 14を購入していたのですが、Thinkpadが欲しい衝動に駆られた結果Thinkpad 13 Chromebookを購入してしまいました。
当初、中古で出回っているX230/X240で良いんじゃ無いかと思ったのですが、まず液晶が1366×768と言うのが大変ネックかつChromebookが便利で自宅でのWindowsノートの利用頻度が著しく落ちてたんですね

ならどうするかという訳で正統なThinkPadとは言えないけどThinkpad 13 Chromebook買えば良いじゃん!ってことになったのでした。


さてこのThinkpad 13 Chromebookですが今回購入したのは殆ど衝動買いだったため、eBayで4ヶ月だけ使用したという説明の物をBuy it nowしたものです。
費用はeBay上の表示でこんな感じでした

  • Subtotal     JPY 16,553.72
  • Shipping     JPY 4,656.15
  • Import charges  JPY 1,520.94
  • Total       JPY 22,730.81

eBayのGSPでの発送だったため送料の他にImport Chargeも取られてますが、アメリカ国内こそUSPSだったものの国際輸送はFedExだったのでまぁ納得出来る金額かな、という感じです。(FedExだと後から消費税などを徴収されると思うのですがこれが無いはず)

落札した後に気がついたのですが、Amazon.comではこの機種はかなり多くのマーケットプレイス業者から出品されていて、結構日本への発送をしてくれる所もあるようでした。現時点で44者の出品があるようです。

それとWXGAで使うつもりは毛頭無かったので、同じタイミングでFHD LCDの方もeBayにて購入しました

こちらは中国からの発送でしたがEMSで発送されたので1週間ほどで到着。
このFHDパネルの購入にはおふぃすかぶ.jpさんの記事を参考にさせて頂きました。

分割キーボードLY092-MINIを買ってみた

以前からマイクロソフトのエルゴノミクスキーボードを使っては居たのですが、最近分割型の物がいろいろ出てきているのが気にはなっていた所、タオバオの方で安価にLY092-MINIというモデルが売られているということでこれを購入してみました。
注文したのが5/5の夕方、届いたのが5/15で中国の4PXと言う配送業者で配送、国内では佐川急便が届けてくれました。
合計費用は本体9,429円+国際送料851円の10,280円で、分割型のキーボードとしては安価な部類です

当初、いきなりErgoDoxに手を出すのもリスクがあるなと思い、まずは比較的安価でオーソドックスな分割型であるMistel Barocco MD600の購入を検討していたのですが、LY092-MINIの方は更に安価で1万円ぴったりぐらいと言う値段に背中を押された感じでした。

ちなみに国内ではアマゾンで片手モデルが売られているようです。

とりあえずパッケージを開けて付属のケーブルで接続した状態

キー配列はフルカスタマイズ出来るそうなのでこれから調整が必要だと思いますが、マクロなども仕込めるようなのでどちらかというと会社で使った方が良いのかなって気がしています。