レグザブルーレイ‎DBR-W1007を買ってみた

自宅の録画環境は未だにnasneを2台という環境なのですが、時短機能とおまかせ録画に引かれて‎DBR-W1007を買ってみました。

丁度手頃な中古機が25800円(税込)で秋葉原のじゃんぱらに置いてあったので即購入、2016年10月発売の1TBのダブルチューナー機としては中古といえども随分破格に安く感じます。

まだ購入して1週間ほどですが、この時短機能は視聴中にCMに入った際にチャプタースキップするのも面倒という人間にはとても便利です。
地上波TVなのにまるでNetflixのような動画配信サイトで番組を見ているかのようにCMの存在を感じずに通しで番組を視聴出来ます

あともう一つの目的だったおまかせ録画
昔の東芝レコーダーからあったシリーズ予約などが統合されたもののようで、ジャンルやキーワードに沿った予約を自動的に行ってくれます。
ちょっと戸惑ったのが、このおまかせ録画の予約の対象となる番組が2日後分までって所。

DBR-W1007には1週間分の番組表が保持されていますが、おまかせ録画予約は夜間などの番組表更新時にその時点から+2日後分までの番組を検索して予約しているようです。

番組検索で引っかかるうちの2日後分まで予約される

当初、来週の番組などが全然自動予約されないのので大丈夫なのか?と心配しましたが、東芝のサポートにも確認してこれが正常な動作であるという回答をもらいました。

たぶんあまり先の方まで一気に予約を入れると、番組表が変更になったときに追従できなくなるためなんでしょう。

使っていて残念だなと思ったころはスマホ連携
スマホに書き出すためには番組予約時にスマホ持ち出し用番組を生成する設定をするのですが、この同時に生成されるスマホ持ち出し用番組は時短機能が適用されません。

スマホ持ち出し用番組に時短機能を適用するには、おまかせダビングという機能を使ってCM部分をカットした持ち出し用番組を手動で生成する必要があり、しかもこのダビング作業をしている間は録画含めレコーダーの操作が殆どできなくなります。
どうせなら空いてる時間を見つけて時短適用番組を自動生成するような機能が欲しかったなぁと思いました。

またスマホ用のソフトとしてDiXiM Playが指定されていますが、時短機能は当然ながら機能しません。
また、ストリーミングで見る分にはチャプタースキップが出来るのですが、このソフトはダウンロード型の持ちだし再生だとチャプタースキップが使用不能となっています。

持ち出し用番組でチャプタースキップが利用できないのであれば、なおさらレコーダー側の持ち出し用番組はCM等余分な部分がカットされた時短機能が適用された持ち出し用番組を自動生成してくれれば良いのに、と思うのですがやはり自社開発でない分この辺はミスマッチがありますね。

さらには再生中に3分おきぐらいのタイミングライセンス確認を頻繁に行っているようで、移動中の視聴などででライセンスサーバーとの通信が上手くいかないとエラーを吐いて再生が終了します。

このスマホ連携の部分では圧倒的にSONYのTV Side Viewやtorne mobileの方が良く出来ていて便利だと感じました。

と言うわけでnasneはスマホやtorneとの連携が素晴らしいので、ちょっと無駄な感じはしますが自室での視聴はもっぱらDBR-W1007に任せ、LAN経由での再生や持ち出し再生にはnasneを使うという使い方をしようと思っています。

CHORD Mojoを買ってみた

Polyが出たらMojoと一緒に買おう、と思っていたのですが、ヨドバシカメラの店頭で5月末まで¥52,900円の10%ポイント還元な上、ケーブルパックか純正ケースを無料でプレゼントというキャンペーンをやっていたのでついつい手を出してしまいました。
ケーブルパックは¥7,480するのでポイント還元の分も含めれば結構お得に買えたと思います。

Polyの使い勝手を確かめてからと自制していたのがゴールデンウィークの浮かれた気持ちに見事に負けた感じで。
ついでにeイヤホンで中古のdignisケース(使用感あり)も4,990円で購入。

取りあえずはeBayで購入しておいた7cmのOTGケーブルを使ってZenfone2 Laser (ZE500KL)と組み合わせてポータブルに仕立ててみましたが……でかい、でかすぎる。
2段運用に嫌気が差してFiiO X7を買った身としてはちょっと現実的でないサイズですね

このZenfone2 Laser (ZE500KL)、スタンバイになるとUSB DACとの接続が切断されるという仕様があるのですが、USB DACを電源ONで接続した状態で再起動をかければDACの電源OFFやUSBの切断をしない限りはスタンバイになっても接続を維持できます。
ちょっと面倒ですがPolyまでの繋ぎなので良しとします。

スマホをトランスポーターとして使えるとDAPを別に持つよりはスマートウォッチをリモコン代わりに使えたりとメリットが大きいので、やはり本格的にポータブルで使うのはPolyの出番を待つしかなさそうですね。

HUISに滑り止めシールを貼った

電子ペーパーな学習リモコンHUIS REMOTE CONTROLLERですが、どうにもつるつると滑って使いにくいので、滑り止めシールを貼ってみた。

とりあえずベタベタと貼ってみました。背面の黒い奴はおまけでついていた物で、ここの部位に貼るのが効果的なら別途透明タイプを買おうかと思っています。

とくにこのサイドのエッジ部分に貼るのは効果的で、リモコンをとる時に滑ると言うことがなくなってかなり快適です。

この手のシールはいろいろと種類が出ているのですが、今回はとりあえずこれを買ってみました

SONY MDR-1000Xを購入した

去年DENON AH-GC20を買ったものの、ノイズキャンセルの弱さや、ヘッドバンドの問題で頭頂部が痛い、歩行時のノイズをノイズキャンセルが拾って逆にノイズが入る、ごく希にBluetooth機能そのものがフリーズする等で1シーズンで手放し、しばらくはBOSE QC25でいいなかぁと思っていた物の、どうやらソニーからベストバイっぽい機種が出てきたので買ってしまいした。

またすぐに手放す可能性もあるうえ、まだ発売されて間もない割りには中古の物がソフマップに出ていたので中古で購入。
¥32,184(税込)だっところクレジットカードのポイントを交換して貰った商品券¥15,000分を使ったので、現金¥17,000程度で済みました。
ビックカメラなどの大型量販店だと税込¥39,800程度する物なのでなかなか安く手に入ったのではないでしょうか?

MDR-1000XとQC25

MDR-1000XとQC25を横から

横から見ると分かりますが、QC25に比べてイヤーカップが結構迫力があるため結構大きい感じがします。

まだ使用して数日ですが、ノイズキャンセル性能と装着感共にQC25と遜色ないと感じています。
ただしMDR-1000Xは長時間着けていると結構蒸れます。

MDR-1000Xのイヤーパッド

QC25のイヤーパッド

MDR-1000Xの方がイヤーパッド内のスペースが狭いためそのようなことになっているんだと思います。
QC25のイヤーパッド内のスペース

MDR-1000Xのイヤーパッド内のスペース

1000Xはドライバーが結構耳に近い位置にあるためにイヤーパッド内のスペースが狭いのが分かります。
MDR-1000Xのスイッチ類の出っ張りの工夫

結構工夫してあるスイッチ類の出っ張り。
それぞれサイズが変えてあるので指の感覚だけでボタンを押し間違えることが無いです、特にアンビエントモードとノイズキャンセルボタンはちょくちょく押すのでこれは嬉しいポイントです。

と言うわけでざっと感想をまとめ

  • 蒸れる
  • タッチセンサーコントロールは付け外しの際など意図しない操作が発生しやすい
  • ノイズキャンセルオプティマイザは素晴らしい、付け外し毎にやるのがメーカー推奨
  • クイックアテンション利用時にBluetoothプレイヤー側の音楽再生が一時停止したりはしない(着信の時みたいに止まって欲しかった)
  • アンビエントモード(ボイス)は便利、コンビニ等の会計もこれがあれば問題ない
  • 有線だとタッチセンサーコントロールが使用出来ない、4極端子使って有線でも使えるとかだと嬉しかった

と言ったところ。

現状Xperia Z5 CompactとBluetooth(LDAC)接続していますが音質的にも満足ですし、今のところは致命的な欠点も無いので今シーズンはMDR-1000Xが大いに活躍しそうです。

Bose SoundTrue Ultra in-ear headphonesのタッチノイズ

装着感重視のイヤホンをということでBose SoundTrue Ultra in-ear headphonesを購入してみました。
アマゾンのレビューなど見てるとケーブルのタッチノイズが酷いというレビューが結構あるのですが、実際に使ってみたところ全然感じないのでイヤーチップのサイズ選択やケーブルクリップの付け方に失敗している可能性が大きいと思いました。


この手のイヤホンクリップ、タッチノイズを避ける用途に使うのであれば、
クリップでリモコン部分をたるませる
クリップでリモコン部分をたるませる

こういう感じでクリップの上をたるませて余裕を持たせてあげるのが適切だと思います。
こうすることで、歩行の際にケーブルがぶるぶる動くことも殆どありませんし、タッチノイズ防止用になっているというT字型の分岐部が効果的に機能していると思います。

また、商品説明のStayHear Ultraチップの項に『優しく耳を塞ぎ遮音性を高めます』とあるとおり、イヤーチップは優しく耳に蓋をするような感じで付けるとタッチノイズや足音などの響きが少なくなります。

このイヤーチップにはフランジ部分があるので普通のカナル型のように耳にすっぽり入れて聞くことも出来るのですが、そうしてしまうと顎関節の擦れる音や足音などが頭中に響きます。
イヤーチップがすっぽり入ってしまう場合は1サイズ上のサイズにして耳の入り口に蓋をするような感じで装着するのが良いと思いました。