SONY MDR-1000Xを購入した

去年DENON AH-GC20を買ったものの、ノイズキャンセルの弱さや、ヘッドバンドの問題で頭頂部が痛い、歩行時のノイズをノイズキャンセルが拾って逆にノイズが入る、ごく希にBluetooth機能そのものがフリーズする等で1シーズンで手放し、しばらくはBOSE QC25でいいなかぁと思っていた物の、どうやらソニーからベストバイっぽい機種が出てきたので買ってしまいした。

またすぐに手放す可能性もあるうえ、まだ発売されて間もない割りには中古の物がソフマップに出ていたので中古で購入。
¥32,184(税込)だっところクレジットカードのポイントを交換して貰った商品券¥15,000分を使ったので、現金¥17,000程度で済みました。
ビックカメラなどの大型量販店だと税込¥39,800程度する物なのでなかなか安く手に入ったのではないでしょうか?

MDR-1000XとQC25

MDR-1000XとQC25を横から

横から見ると分かりますが、QC25に比べてイヤーカップが結構迫力があるため結構大きい感じがします。

まだ使用して数日ですが、ノイズキャンセル性能と装着感共にQC25と遜色ないと感じています。
ただしMDR-1000Xは長時間着けていると結構蒸れます。

MDR-1000Xのイヤーパッド

QC25のイヤーパッド

MDR-1000Xの方がイヤーパッド内のスペースが狭いためそのようなことになっているんだと思います。
QC25のイヤーパッド内のスペース

MDR-1000Xのイヤーパッド内のスペース

1000Xはドライバーが結構耳に近い位置にあるためにイヤーパッド内のスペースが狭いのが分かります。
MDR-1000Xのスイッチ類の出っ張りの工夫

結構工夫してあるスイッチ類の出っ張り。
それぞれサイズが変えてあるので指の感覚だけでボタンを押し間違えることが無いです、特にアンビエントモードとノイズキャンセルボタンはちょくちょく押すのでこれは嬉しいポイントです。

と言うわけでざっと感想をまとめ

  • 蒸れる
  • タッチセンサーコントロールは付け外しの際など意図しない操作が発生しやすい
  • ノイズキャンセルオプティマイザは素晴らしい、付け外し毎にやるのがメーカー推奨
  • クイックアテンション利用時にBluetoothプレイヤー側の音楽再生が一時停止したりはしない(着信の時みたいに止まって欲しかった)
  • アンビエントモード(ボイス)は便利、コンビニ等の会計もこれがあれば問題ない
  • 有線だとタッチセンサーコントロールが使用出来ない、4極端子使って有線でも使えるとかだと嬉しかった

と言ったところ。

現状Xperia Z5 CompactとBluetooth(LDAC)接続していますが音質的にも満足ですし、今のところは致命的な欠点も無いので今シーズンはMDR-1000Xが大いに活躍しそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です