XBOX ONE Chatpadを購入した

発端はゲーム中にフレンドと「ゲームのスクリーンショットや動画の撮影をもっと簡単にできるようにならないかな?」でした。

XBOX ONEでゲームのスクリーンショットや動画を撮影するにはコントローラーのXBOXボタンをダブルクリックしてメニューを出した後に、XかYを押すことで撮影することが出来ます。

しかしながらゲーム中にこれをやると撮影メニューが出るまでに数秒待たされるためにプレイが中断されるのと、ダブルクリックに失敗してダッシュボードに戻されたりすることがよくあるので、「Xbox Elite ワイヤレス コントローラー」のパドルにダイレクトにそう言う機能を割り当て出来たらなというような話をしました。

すると「それチャットパッドが有れば一発で出来るらしいよ」という素晴らしい回答を頂いたので即購入の流れに!

Xbox Chatpad | Xbox
ERP: $34.99 …
ERP: $34.99

北米では$34.99で売られていますが残念ながら日本では売られていないので、Amazon.co.jpにある並行輸入品を購入しました。
5,500円だったので現地価格を考えるとちょっと割高ですね。

さすがプライム会員お急ぎ便、すぐに届きました

外箱
外箱

開けたところ
開けたところ
Xbox Chatpad本体前面
Xbox Chatpad本体前面
Xbox Chatpad背面
Xbox Chatpad背面
Eliteコントローラーに装着
Eliteコントローラーに装着
付属のUSBケーブルとヘッドセット
付属のUSBケーブルとヘッドセット
最初にアップデートが入る
最初にアップデートが入る
Xboxチャットパッドの項目が出現
Xboxチャットパッドの項目が出現
X1とX2キーの設定メニュー
X1とX2キーの設定メニュー
割り当て出来る機能一覧
割り当て出来る機能一覧
割り当て出来る機能一覧
割り当て出来る機能一覧

キーボードと付属品を見ると分かりますが、基本的にXbox One ヘッドセット アダプター相当の機能も備わっています。
Xbox One ヘッドセット アダプター

早速使用してみたところ全く問題ありません。
ゲーム中にX1とX2を押しても全くプレイに支障なく、X1キーを押すとスクリーンショットが撮影され、X2キーを押すと動画が撮影されるという操作ができるようになりました。

本来であれば標準のゲームパッドの配置変更機能にこの手の特殊割り当てが出来る用になっていると良いのですが、ポリシー上無理なのであればChatpadのカスタム可能キーが増えてくれると嬉しいですね。

X1とX2だけでなく、X5ぐらいまであっても良いかも?と思ってしまいました。

Fire HD 6の使いみち

Amazonプライムの会員にもなってるのでFire HD 6でやってることは

  • Kindle本の読書
  • Prime Musicの視聴
  • Amazonビデオの視聴
  • Spotifyの視聴

あたりです。

ただしスマートフォンで利用しているaudibleがAmazonアプリストアにあるにも関わらずFireデバイスには対応していなかったり
dアニメストアはFire TVのみへの対応であったりちょっと残念なところもあります。


Fire HD 6を買ってみた

p1000161
最近会費の安いジムに通うようになったのですが鍵のかかるロッカー等の設備が無い(なので安い)ので、仮に盗まれてもダメージの少ないやすいタブレットとしてFire HD 6(16GB)を購入してみました。

p1000152
安くてKindleと親和性が高くてそこそこ小さいものという基準で選んだので中古のFire HD 6になりました、Kindle Voyageと比べるとこんな感じ。
じゃんぱらで純正ケース付きで6120円でした。

p1000158
サイズ感はVoyageと比べると遜色ないのですが、結構分厚くて重いです。
ただし定価で本体13800円、ケース3240円のうえ、中古のセットで6120円ですし、ジムでエアロバイク使用時に使うだけなのでそれほど問題には感じていません。

ただ、このサイズ感はとても良いと思うので、できればSDカードも装備したモデルとして薄型化して現行モデルも出して欲しいのですが、やはり7インチと10インチというラインナップ上で6インチは難しいサイズなんでしょうかね?