ASUS ZenPad S 8.0 Z580CA-BK32を購入した

ASUS ZenPad S 8.0 Z580CA-BK32
ASUS ZenPad S 8.0 Z580CA-BK32を買いました、Kindle Fire HDX 7からの買い換えです。


Kindle Fire HDX 7はカスタムROMでcm11を入れていて、WEBとメールと電子書籍ぐらいの用途にしか使わないので、性能的にも特に不満は無かったのですが、唯一SDカードを使うことが出来ない事が不満でした。

電子書籍の購入にKindleの他にDMMブックスを利用しているのですが、このDMMブックスはダウンロード期間が儲けられている商品についてその期間が終了するとダウンロードができず、HDX7のような内蔵メモリの機種でうっかり内蔵ストレージも含めた端末の初期化をしてしまうとコンテンツが二度と読めないという事になるので、今まではNASに同期してバックアップを取っていました。

さすがにそれでもちょっと心配だなーというのと、4:3パネルでより電子書籍機向きということで買い換えとなりました。
あと追加で純正のTriCoverも買ってみました。


ASUS ZenPad S 8.0 Z580CA-BK32
マグネットの磁力はそんなに強くない感じで、これはTransBook T90Chiのカバーとあんまり変わらないですね。
ASUS ZenPad S 8.0 Z580CA-BK32
黒のカバーは裏地も黒です。
裏地は他のカラーのTriCoverのようにちょっと色を変えるとかは無かったのかなーと思いましたが、さすがに裏地が赤とかだとThinkpadっぽくなるからダメなんですかね?
ASUS ZenPad S 8.0 Z580CA-BK32
当初はZenClutchの方も検討したのですが、こういうスタンドスタイルにしたときの安定性が今一に感じられたのでTriCoverを選択した次第。

基本的にTriCoverはスタンドとしては横置きでしか機能しません、この辺の作りとしては横でも縦でもがっちりとしたスタンドとして機能するKindleのORIGAMIケースの方が素晴らしいなぁと思います。

まだ使用開始して2-3時間程ですが、ASUS ZenUIのプリインアプリが結構多くて、ほぼアンインストールできるのですが、ちょっとその作業が面倒だなという以外は特に不満を感じません。
Zstylus penは在庫が無かったので取りあえず見送ったのですが、そのうち購入してみようかと思っています。

ASTRO GamingのMixAmp Pro TR for Xbox Oneを注文した

MixAmp™ Pro TR – Astro Gaming US

Xbox One用に購入したGAME ONEですが、Blu-rayとゲームでコントローラに直結とRecon3Dへの接続をし直すのは面倒くさいので、Xbox OneにUSBと光デジタル接続をして、バーチャルサラウンド出力とヘッドセット入出力が同時に出来るASTRO GamingMixAmp Pro TR for Xbox OneをAmazon.comに注文してみました。

送料込みで$137.98でした、が一時的に在庫切れ状態になっているので到着まではしばらく時間がかかりそうです。
これがあればヘッドセット-MixAmp-XboxOneという接続以外の接続は変更する必要が無いので楽になりそうです。

ゼンハイザーのゲーマー向けヘッドセット「GAME ONE」を買ってみた

Sennheiser GAME ONE
Xbox One用にゼンハイザーのゲーマー向けヘッドセット「GAME ONE」を買ってみました。
今まではXbox360の頃から使っていたSound Blaster Recon3D Omega Wirelessを使っていたんですが、このヘッドセットはオンイヤー型で締め付けが強めで、長時間付けていると耳が痛くなるという装着感の部分が唯一のネックでした。

Creativeからはこれに変わる新型のヘッドセットは出てないためTurtle BeachのEAR FORCE STEALTH 500Xあたりを検討していたのですが、Xbox Liveのフレンドに話してみたところなんと二人も購入しておりこいつはやめた方が良い、と聞いてしまい断念。

どうも無線LANチャンネルの自動切り替えがなく、5Ghz帯を使うけど干渉が出るとどうにもならなくなる。あとは低音スカスカだし音質も最悪ということで今は使うのをやめている、と言う事でした。
まぁ、じゃもういっそワイヤレスを捨ててでも装着感の改善と音質を重視して、国内で手に入る装着感のいい実績のあるヘッドセットにしちゃうか……と言うことでGAME ONEを購入しちゃいました。

取りあえずゲーム(バトルフィールド4)とBlu-rayの映画で試してみました。
Recon3D経由ではXbox Oneではボイスチャットが出来ないのでゲーム時はヘッドセットアダプターに接続してのステレオ接続です。
Sennheiser GAME ONE
装着感は適度な側圧で全く問題なし、耳も痛くならないし、頭頂部が痛くなることもなし。
オープン型なのとベロア地イヤーパッドとヘッドパッドのおかげもあって蒸れとかもいっさいないです。
ステレオ接続なのでゲーム中の定位とかがもっと曖昧になるのかと思ってたんですが、ゲーム側の設定でヘッドホン用のサウンド設定にするとそれほど悪くない感じでした、ゲーム側の出来によって結構かわるものですね。
あとBlu-rayは取りあえずRecon3Dのバーチャルサラウンド経由で出力、こちらも全然違和感なし。
かなり満足度が高かったので完全に有線ヘッドセット環境に移行できそうです。