PressyとAndroid Wearの相性が良くない

Android端末に物理ボタンを追加するPressyですが、Android Wearとの親和性はイマイチです。
Pressy – The almighty Android button

イマイチ理由ですが、Pressyはアプリがメディアプレイヤーとして作成されているためAndroid Wear側に常にメディアプレイヤーとしての通知が出てしまいます。
常にAndroid Wear側にこのような通知が出ているわけです。
SW3_Pressy_01
これはスマートフォン側のAndroid WearアプリケーションでPressyの通知をブロックにしても表示は消えませんし、Android Wearスマートウォッチ側でも通知のブロックが出来ない状態です。
通知カードをアクティブにみましたが、一時停止とボリュームコントロールが出るだけで、ブロックや非表示といったオプションは出せません。
SW3_Pressy_02SW3_Pressy_03
またこの状態でAndroid端末の方で音楽を再生すると割と酷いことになります

これはPowerampで音楽を再生しているのですが、PowerampとPressyの通知が互いに表示を取り合っていてまともにコントローラーとしては使えません。
PressyアプリはPowerampを使用していても、Bluetoothリモコンのボタン操作はPoweramp側の操作で使用でき、Pressyボタンの動作はPressyアプリ側で認識できるという併用時のメリットがあるのですが、この状態だとスマートウォッチ側のバッテリー消費の方も心配なのでアンインストールしてしまいました。

「PressyとAndroid Wearの相性が良くない」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です