ASUS X550DP-XX083Hを使ってみて

2週間弱ぐらい使ってみての気になった点です。

  • ファンノイズは大きめ
  • 冷却ファンはWEBブラウジングしてるだけでも結構な頻度でブンブン回ります。
    K53TAでゲームプレイ時に回ってたのと同等な感じで回ります。

  • 液晶品質は良くない
  • かなり輝度が高く、コントラストも高いのでかなりまぶしく白っぽいです。
    Windowsのカラー調整でコントラストを調整した上で、f.luxと言うブルーライトカット用のソフトを使って全体的な色調を暖色系にしています。
    また、画素数の不足からフォントレンダリングも綺麗ではないので、こちらはMacTypeを使って改善を図っています。

  • タッチパッドの感度/精度が良くない
  • ジェスチャー対応のタッチパッドが搭載されていますが、こちらもカーソル飛びや誤タッチ等が有り、外付けのマウスを使用しています。

  • 処理速度はK55TAより向上
  • SSD化やWindows8.1になっているという違いもあるのですが、全体的な操作感はK55TAより向上しています。

と言うわけで、K55TAから乗り換えて気になる点もあるにはあるのですが、39800円という価格からはかなり満足しています。

ASUS X550DP-XX083Hのパーツ交換とドライバー更新と再ベンチ

ASUS X550DP-XX083HのSSD化、メモリ+4GB、WiFiカードの交換を完了
メモリだけ追加しようかと思ってたんですが、どうやらそのためにはすべて分解してマザーボードを取り出さなければならないらしく、それならばといろいろ交換してみました。
メモリはCFDの4GB追加、SSDは定番のCrucialのMX100に交換、WiFiはいい加減2.4Ghz帯しか使えないのは不便なのでIntel 7260に交換して5Ghz帯の利用とBluetoothの利用が可能になりました。




いろいろ交換したので再度ベンチマーク
Catalystは最新の14.12に更新してパッケージバージョンは14.501.1003-141120a-178000C
3DMark11のIce Storm

3DMark Score 46263 3DMarks
Graphics Score 73868
Physics Score 20045
Graphics Test 1 305.24 fps
Graphics Test 2 338.86 fps
Physics Test 63.64 fps

3DMark11のFire Strike

3DMark Score 1244 3DMarks
Graphics Score 1540
Physics Score 2682
Combined Score 384
Graphics Test 1 8.16 fps
Graphics Test 2 5.68 fps
Physics Test 8.52 fps
Combined Test 1.79 fps

PCMark 8

Home Score 2146.0
Web Browsing – Amazonia 0.14 s
Web Browsing – JunglePin 0.37 s
Writing 4.25 s
Casual Gaming 18.1 fps
Video Chat v2 / Video Chat playback 1 v2 30.0 fps
Vieo Chat v2 / Video Chat encoding v2 162.3 ms