ASUS X550DP-XX083Hを購入した

K53TAを持っていたんですが、最近直販のアウトレットでタイトルの機種が安くなっているというので購入してみました。
とりあえず自分の比較用にベンチマーク結果
出荷時状態でCatalystのパッケージバージョンは13.151-130819a-160975C-Asus
3DMark11のIce Storm

3DMark Score 48238 3DMarks
Graphics Score 66391
Physics Score 24650
Graphics Test 1 280.99 fps
Graphics Test 2 296.76 fps
Physics Test 78.26 fps

3DMark11のFire Strike

3DMark Score 800 3DMarks
Graphics Score 1043
Combined Score 209
Graphics Test 1 5.44 fps
Graphics Test 2 3.89 fps
Physics Test 9.33 fps
Combined Test 0.97 fps

PCMark 8

Home Score 2096
Web Browsing – Amazonia 0.135 s
Web Browsing – JunglePin 0.361 s
Writing 5.80 s
Casual Gaming 17.9 fps
Video Chat v2 / Video Chat playback 1 v2 30.0 fps
Vieo Chat v2 / Video Chat encoding v2 148.0 ms

Bluelounge ヘビーウェイトケーブルホルダー Sumo スモウ ホワイト

結構地味に重宝している製品なのですが、ついついアレなんだっけ、と何度も忘れるのでメモ
日本ではトリニティから発売されているSumo(スモウ)です。
ヘビーウェイトケーブルホルダーという製品なのですが、簡単に言えば重りの入ってるケーブル止めです。
結構ケーブルの先に重い物を付けてケーブルが暴れてしまう、とか、ケーブルが引っ張られてどっかに言ってしまう、ケーブルのテンションに負けて、接続したデバイスが暴れるというのを予防できて重宝しています。


InEarZにてER-4Sをリモールドした







ER-4Sは装着時にきちんと装着しないと全くその音質を発揮できないのが結構煩わしいのでこの際……とリモールドしました。
ネットでいろいろリモールド例を探したところ、InEarZがシェルも綺麗だし比較的安価で良い感じだったのと、有償ですが代行を引き受けてくれる方が居たのでこちらにお願いして手続きなどをして頂きました。
インプレッション代、代行手数料、リモールド代金、トータルで4万弱ぐらいで済んだと思います。
インプレッションはeイヤホンの採取会を利用して、採るときは口を閉じて取りましたが、以前作ったroothのIE8x3とは違ってこのInEarZは長くて太いカナルになって仕上がってきました。
丁度インプレッションを採ったときのような密閉感でかなり気に入ってます。
しかし、こうなるとroothの左耳は長めだけど緩い、右耳は短くて緩い、結果的にいまいちな装着感、という出来がいまいちに感じられてきてしまうので、こっちもリモールドに出すかなぁと検討中です。
今度roothに出すならバイトブロック咬んだ方が良さそうですね。
roothは届いたときにリフィットすれば良かったんでしょうけど、やっぱり初めてのカスタムで比較対象がないせいで、こんな物かな?と思ってしまっていたのでやっぱり幾つか作ってみるというのは重要だなと思いました。

茅田砂胡CDブック スカーレット・ウィザード


CDブックシリーズの第二弾が2/25発売に決定していたようです。
第1弾は基本的に名シーンの朗読、と言う内容で複数のキャラクターが出てくるパーとでも一人の声優が全部読み上げるという内容だったんですがこの第二弾はどうなるんだろうか?

ジャスミン&ケリー+ダイアナの緊張感とユーモアあふれるかけあいがオリジナル劇伴音楽とともに楽しめます。

となっているのでドラマCD風の収録になるのかな?

鈴木理華による描きおろしコミックも収録

ともあるので、こっちも楽しみ。

ガトラーのLV119への打ち直し

ガトラーがLV99になったので、その足で貯めておいた深成岩を持ってジュノ港のOboroの所に足を運びます。
ガトラーを装備した状態でOboroに話しかけることで打ち直しクエストを受領し、あとはガトラーと深成岩をトレードしてヴァナ0時越えを待つばかり。
そうしてガトラーLV119を手に入れることが出来ました。

作り始めから考えても随分簡単になった物ですね。
オンスロートを試し打ちしたところ、やはり先日の倍率修正とDEX80%というステータス補正のせいか、ほぼメインとして使っていけるような性能と感じました。
現状の獣使いだと使用するWSは、オンスロート/ミストラルアクス/クラウドスプリッタの三択になりそうです。
ルイネーターは余程格下相手でないと威力がさっぱり出ないので、これはもう他にメリポが必要になったら削除して良いのかも知れません。
それにしても片手WSの調整で多段WSが片手斧的には完全に死にましたね。