PentiumG 3258のOC

せっかくの倍率ロックフリーで4.7Ghz駆動もできるーと話題になったPentiumG 3258を使っているのでOCしてみましたが、どうもこの個体はハズレのようです。
取りあえずZ97 Extreme4のUEFIにある「Load Optimizer CPU OC Setting」を使って4.4Ghzまでは安定して動くのですが、4.5GhzにしたとたんWindowsブートロゴでBSoD。
それでは、とvcoreを徐々に上げていき1.4vまで上げてもWindows7の「ようこそ」画面でBSoDとなってしまうようです。
4.4Ghz動作時のvcoreは1.31vでOCCT 60分の結果はこんな感じ
Pentium G3258 4.4Ghz OCCT
温度はMAX 66度と言ったところなので温度的には全然余裕があるのですが、とにかく4.4Ghz以上ではどうやってもBSoDなのはちょっと残念でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です