ボトルネックの解消でRAIDが本領発揮

AMD > Intelへ移行した結果、PCI-E 3.0の環境になったせいかストレージとして組み込んであるMegaRAID SAS 9271-4iが本領発揮状態になったようです。
以前のベンチマーク結果に対して

AMD環境ベンチマーク
AMD環境ベンチマーク

こうなりました
Intel環境ベンチマーク
Intel環境ベンチマーク

やはり以前のRAID環境では本気を出せてなかったようです、PCの不調は痛かったですが結果的にはボトルネックの解消ができて良かったかも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です