RadeonからHDMIでリニアPCMサラウンド出力する

マザーボードの交換でPCIスロットが無くなったため、今までHDMIでサラウンド出力に使っていたXonar HDAV 1.3 Slimが使えなくなってしまいました。
今まではこのサウンドカードでDTS Connect/Dolbi Digital Liveでリアルタイムエンコードしてサラウンド出力してたんですね。
とはいえ現在PCI-eかつHDMI対応でDTS Connect/Dolbi Digital Liveを使えるサウンドカードなんてXonar HDAV1.3 Deluxeを中古市場で探すぐらいしかなく、しかも余り出回らない代物です。
と言うわけで、Radeon HD 7870に搭載されているHDMIオーディオ機能を使ってリニアPCMでサラウンド出力してみることにしました。
うちでは使用している機材の問題か、サラウンドスピーカーとしてDENONのDHT-S413を使っているにもかかわらず、Radeonからは何故か2チャンネルスピーカとしか認識されないのでリニアPCMのステレオ出力しか出来ませんでした。
たぶんTVのEDIDを優先してしまっているのであろう、と言うことでEDID保持器であるATEN VC080も入れてみたのですが相変わらずでした。
ちなみにこのATEN VC080はシリアルケーブルでPCと接続でき、付属のユーティリティでEDID情報の一部を編集できるのですが、このEDID情報を.binという形式で保存してやると他社のEDID編集ソフトで更に細かく編集できたりします。
私の場合はLIGHTWARE Visual EngineeringのAdvanced EDID Editor softwareというソフトウェアにこの.binを読み込ませてSpeaker Allocationやコーデックなどを弄った上でVC080に書き戻しています。
EDID保持器を使ってもダメでしたが、最終的にはMonitor Asset Managerと言うソフトを使ってPC側のEDIDを上書きしてやることで上手くいきました。
このソフトにも先ほどのVC080とEDID Editorで作った.bin形式のEDIDファイルを読み込めるので、読み込んだ上で上書き用の.infを出力。
デバイスマネージャーで汎用PnPモニターと認識しているモニターのドライバーをこのinfで更新してやることで、8chまでのリニアPCMが出力出来るようにPCが認識できました。

デスクトップPCのベンチマーク

ハード構成を更新したのでベンチマークしてみました
3DMark11のIce Storm

3DMark Score 100640 3DMarks
Graphics Score 221964.0
Physics Score 34548.0
Graphics Test 1 955.43 fps
Graphics Test 2 974.89 fps
Physics Test 109.68 fps

3DMark11のFire Strike

3DMark Score 4911 3DMarks
Graphics Score 6047
Physics Score 4379
Graphics Test 1 29.12 fps
Graphics Test 2 23.97 fps
Physics Test 13.9 fps
Combined Test 10.27 fps

PCMark 8

Home Score 4834
Web Browsing – Amazonia 0.123 s
Web Browsing – JunglePin 0.294 s
Writing 3.14 s
Casual Gaming 109.9 fps
Video Chat v2 / Video Chat playback 1 v2 30.0 fps
Vieo Chat v2 / Video Chat encoding v2 33.0 ms
Advanced Photo Editing part 1 0.217 s

ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編

1920×1080 最高品質 8241

FINAL FANTASY XI for Windows – Official Benchmark Program 3

High 13022

PentiumG 3258のOC

せっかくの倍率ロックフリーで4.7Ghz駆動もできるーと話題になったPentiumG 3258を使っているのでOCしてみましたが、どうもこの個体はハズレのようです。
取りあえずZ97 Extreme4のUEFIにある「Load Optimizer CPU OC Setting」を使って4.4Ghzまでは安定して動くのですが、4.5GhzにしたとたんWindowsブートロゴでBSoD。
それでは、とvcoreを徐々に上げていき1.4vまで上げてもWindows7の「ようこそ」画面でBSoDとなってしまうようです。
4.4Ghz動作時のvcoreは1.31vでOCCT 60分の結果はこんな感じ
Pentium G3258 4.4Ghz OCCT
温度はMAX 66度と言ったところなので温度的には全然余裕があるのですが、とにかく4.4Ghz以上ではどうやってもBSoDなのはちょっと残念でした。

ボトルネックの解消でRAIDが本領発揮

AMD > Intelへ移行した結果、PCI-E 3.0の環境になったせいかストレージとして組み込んであるMegaRAID SAS 9271-4iが本領発揮状態になったようです。
以前のベンチマーク結果に対して

AMD環境ベンチマーク
AMD環境ベンチマーク

こうなりました
Intel環境ベンチマーク
Intel環境ベンチマーク

やはり以前のRAID環境では本気を出せてなかったようです、PCの不調は痛かったですが結果的にはボトルネックの解消ができて良かったかも知れません。

AMDからIntelへ

メインで使っていたデスクトップが原因不明のフリーズ>リブートを繰り返すようになってしまったため、CPUとマザーボードを交換してみました。
memtest86+ではエラーが出てないのでメモリーはそのまま、GPUも表示上は問題が出ていないのでこちらもそのままです。
トラブルの切り分けの意味合いもあったので、取りあえずはIntel Pentium G3258とASRock Z97 Extreme4とCPUは安価な物にして、マザーボードはそこそこ良い奴にしてみました。



これで治るようなら、CPUはそのうちi5/i7辺りに変更すれば良いなと思います。
現在の仕様はこんな感じになりました。

CPU INTEL Pentium G3258
RAM G.Skill F3-1866C9D-8GAB
M/B ASRock Z97 Extreme4
VGA Club 3D Radeon HD 7870 jokerCard(CGAX-7876XT)
RAID LSI MegaRAID SAS 9271-4i
HDD CFD CSSD-S6T128NHG6Q
HDD CFD CSSD-S6T128NHG6Q
HDD CFD CSSD-S6T128NHG6Q
HDD CFD CSSD-S6T128NHG6Q
CASE SILVERSTONE SST-GD08B
PSU Seasonic SS-750KM3
CPU Cooler Corsair H100i
CASE FAN Owltech 山洋電機 SF12-S4
CASE FAN Owltech 山洋電機 SF12-S4
CASE FAN Owltech 山洋電機 SF12-S4
CASE FAN Owltech 山洋電機 SF8-S4