BUF634FをWide BW modeにしてみた(抵抗なし)



200Ωの抵抗でWide BW modeにしたBUF634Fが結構いい感じだったので、もう1セットBUF634Fを用意して抵抗なしで出力MAXのWide BW modeにしてみました。
200ΩのWide BW modeもよかったですが、こっちはよりパワフルな感じに。
出力がでかいだけに結構発熱しますが、とりあえずその為のDDPAKパッケージですしあまり気にしないことにします。

「BUF634FをWide BW modeにしてみた(抵抗なし)」への1件のフィードバック

  1. 初めまして!
    私も抵抗なしのWB化の方がお気に入りです。
    でも面倒臭がりなのでオペアンプ側(1-3)
    ではなくpin側1-4にジャンパー線をかまして
    何時でも抜き取れるようにしました。
    御陰様でopa637auが、気持ち良い位鳴ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です