Pressyが到着



Pre-OrderしておいたPressyが到着しました。

7/14 注文
7/17 発送
7/30 到着

という感じでした。
色はホワイトを頼んだのでてっきりPressy本体のボタンもホワイトなのかと思ったのですが、普通にシルバーなんですねこれ……
これはちょっと意外で、コレならブルーとかレッドでよかったかも思いました。
とりあえずSOL24にはカメラボタンが無いので、カメラを割り当ててみましたが、Pressyを押すパターンでいろいろ設定できるようなので試していかないと行けませんね

E12DIYのBUF634FをWide BW modeにしてみた

なんかiBasso P4の時のOPA627BP+BUF634Pの組み合わせに比べると、E12DIYのOPA627AU+BUF634Fの組み合わせはイマイチぱっとしないな……と思って当時のセッティングを思い出していたら、P4はBUF634をスタックした上で更に抵抗がついてたな……というのを思い出しました。
よくよくiBasso P4の仕様を眺めていたらバッファの付属品が「BUF634P WB*2, BUF634U*2」となっていてん?WBとな?ということで、どうやらBUF634Uの上にBUF634P WBを載せていたようです。抵抗がついていたのはWBモードにしてあったんですね。
当時は初のPHPAということもあり、あまり気にせずローリングしていたのでした。
というわけでE12DIYのDIPの装着スペースだとBUF634のスタックは難しいので、とりあえずWB mode(TIのデータシートだとWide BW mode)にしてみることに


こんな感じでBUF634Fだと1番がBW、3番がV-なので、ここにP4付属品と同じ200Ωの抵抗を付けてみました。


左右に半田付けして完了。
結果から言うと大満足。
OPA627AUが凄く華やかな音を出すようになりました。
ただ今回は200Ωにとりあえずしましたがデータシートを見ると抵抗値で出力が変わるようなので、もう1セットBUF634Fを用意して0ΩでBW modeにしたらどうか試してみようかと思います。

NW-M505を購入してみた



Audio-Technica ATH-BT12を買ってみたり、JAYBIRD BLUEBUDS Xを買ってみたり、DENON AH-W200を買ってみたわけですが、ボックスレスの魅力は確かに装着時の一体感などが素晴らしい物の、やはり音質はなぁ、ということでウォークマンNW-M505を購入してみました。


さすがにボックスレスに比べると、でかい、重い、取り回しが煩わしい、というデメリットがありますが音質は全然違いますね。
イヤホンには愛用のRooth IE8X3を使ってます。ケーブルはJH AUDIOの純正スペアケーブルの18インチの物で46cmというショートケーブルです、こちらはe☆イヤホンさんでRoothの埋め込み型コネクタに嵌まるか試させてもらってその場で購入しました。
非常に短いので襟元にNW-M505を付ける時にぴったりと収まります。
ちなみにDENON AH-W200の時にSOL24で問題になったapt-X > SBCの切り替えは問題ないようで、ムービーやTVのアプリでエラーが出ることはありませんでした。

Xperia Z Ultra(SOL24)でDENON AH-W200のSCMS-Tを認識させる

先日書いたXperia Z Ultra(SOL24)とDENON AH-W200を組み合わせたときにSCMS-Tが必要なコンテンツの再生をするとAH-W200がSCMS-Tに対応していないというエラーが出て音が流れない問題ですが、原因が判明しました。
原因はapt-Xでした。
どうやらapt-XではSCMS-Tで保護された音楽を流すことができず、SCMS-Tを使った際にはSBCにて送信されているようです。
そしてこのAH-W200ではXperiaからのapt-X > SBCへの変更要求があったときに切り替えが上手く行かないか、Xperia側の切り替え待ちの時間にヘッドセットが対応できないのか、XperiaはSBCで送信しようとしているのにAH-W200側がapt-Xにて受信しようとするため、SCMS-Tには対応していないというエラーになるようです。
そんなわけでroot必須になりますがapt-Xを無効化してしまえば良いのでは無いか、と考えBluetooth設定を変更したところ上手くいきました。
内容は、
/etc/bluetooth/audio.conf
の中にある
APTXSources=1

APTXSources=0
に変更してやって端末を再起動してやるだけです。
これでXpedria Z Ultraのapt-Xが無効になり、ワンセグ/フルセグ視聴やおでかけ転送した動画の再生時も問題なくAH-W200から出力することができました。
本当は一般ユーザーで触れる設定メニューにapt-Xの有効/無効のオプションがあると良いのですけどね。
一応今後に生かされるかはわからないけど、auソニーモバイル窓口に電話し、SCMS-T利用時のApt-XからSBCへの切り替えタイミングがシビアなのか対応できないヘッドセットがある、という旨を要望として一応伝えておきました、今後のファームウェアや新機種でこの問題が治ると良いのですが。