RoothのIE8X3が到着


1月末にイーイヤホンに注文したRoothのIE8リモールドアップグレードが到着した。
結構時間がかかるというアナウンスがあったんですが、きっかり2ヶ月で出来上がってきました。
右のシェルのみレッド、後は全部クリアにカーボンプレートとロゴを入れた物です
インプレッションを取るときに割り箸を咬むかどうか進められたのですが、咬まずに採ったのでフィット感については結構心配だったんですが、良い感じにぴったりとはまってくれたので良かったです。
一緒に入ってた周波数特性はこんな感じ。

Rooth IE8X3の周波数特性
Rooth IE8X3の周波数特性

簡単に言えばIE8の低域MAX状態で高域も出るようにした、というような音になってます。

MVNO SIMを複数契約してみる

さて、先日Kindle Fire HDX 7 LTEのSIMをIIJmioにしたらHSDPAで繋がった件をいろいろ考えてみたところ、
「じゃぁ、もしかしてMVNOキャリアによっては4G接続出来たりするんじゃね?AT&Tのローミングでは4G接続出来るんだし」
と思い立ち、幾つかMVNO SIMを申し込んでみました。

基本的にはKindle Fire HDX 7で使えなかったら即解約って言う流れの予定で、なるべく最低使用期間が無くて違約金のかからないキャリアを選定しました。
hi-ho LTE typeD アソート(SMS付き)は今使っているBB.exciteモバイルLTEの3Gコース(SIM3枚)を置き換えるつもりで、継続かな。
BB.exciteモバイルLTEはSIM3枚コースとしては確かに安いんですが、増速クーポンでかなりhi-ho LTE typeD アソートと差が付いてしまったので今回乗り換えることにしました。
それにしても、申し込みをした後、申し込み完了のメールも何もよこさない所がわりとあるのは不安を覚えますね。
本当に申し込めてるのだろうか……

KINDLE FIRE HDXが繋がった

Kindle Fire HDX IIJmio
OCNモバイルONE(SMS付き)でもBB.exciteモバイルLTE(SMSなし)でもネットワークに接続が出来なかった(サポートによるとAPNサーバーにすら接続出来てない)Kindle Fire HDX 7 LTEモデルですが、2ch情報と同じIIJmioのSMS付きSIMにしたところあっさり繋がってしまいました。
表示からするとLTEではなくHSDPAで繋がっているようです。
どのMVNOでも同じだろうと思っていたのですが、なにか違うんでしょうかね?


Kindle Fire HDXでLTE通信を確認

なんとかLTE通信出来ることは確認出来ました、とはいえかなり力業で、常用は料金的に出来ないです。
今回Kindle Fire HDX LTEモデルですが用意したOCNモバイルONEのSMS付きSIMではどうしても、
Kindle Fire HDX Offline
このDoCoMoネットワーク網に入れずオフラインの状態から抜け出せないため、思い切ってAmazonが公式サポートしているSIMカードであるAT&TのSIMカードを使って国際ローミングで繋いでみました。
SIMカードのアクティベーションはKindle Fire HDX内蔵のAT&Tアプリが「設定>ワイヤレス>モバイルネットワーク>データプランを管理」で起動するようになっていて、取りあえず1GB/3ヶ月のプランを契約した後、オプションで250MB/1ヶ月の国際ローミングプランを付けてみました。
結果は良好で
Kindle Fire HDX 4G通信
ローミング状態で4Gロゴが点灯し、かつ通信が出来ることが確認出来ました。
と、言うことでローミングとは言えこのKindle Fire HDX LTEモデルはドコモのLTEネットワークに取りあえず繋がることが確認できたので、OCNモバイルONEのSIMでネットワークに接続出来ない状態になっている謎は深まるばかりです。
ちなみにAT&Tのローミングはここによると

  • NTT DOCOMO network (Bands 1, 3, 19, 21)
  • SoftBank Mobile (Bands 1,3)

に対応しているようです。


念願の玄武盾を手に入れたぞ

ログインキャンペーンもあり、玄武に手軽に挑戦出来る環境だったのでようやく手に入れてみました。
トータル12~5回ぐらいは倒してようやく入手。
玄武印章の欠片の数もこんな数になりました。
玄武印章の欠片
という訳で意気揚々と玄武盾にオーグメントを付ける作業をやるぞー、と一発目で出たオグメがこれです
玄武盾
もうこれでいいんじゃないかな……