Lumia 820 LTEのファームウエアを香港版に変更してみる

入手したサウジアラビア版のLumia 820 LTEですが、使用しているファームウェアの1232.5957.1308.0002はLTE関連のバグがあって不安定であるという情報を得たので、その不具合が解消しているという1232.5962.1314.0001に更新してみました。
更新方法についてはGoogleで検索して、Nokia Care Suiteを使ったLumia 920等のファームウェア更新方法がそのまま使えました。
ついでなのでファームウェアもネット上での記事などで割と一般的な香港版に更新。
更新した結果がこんな感じ。
wp_ss_20130615_0001
設定アプリのローカライズの具合やAPNの設定画面等がネット上で見る物と同じようになりました。
あとLTEの電波がサウジアラビア版では地域設定「米国」にするのが必須でしたが日本のままでもつかめるようになり、アンテナピクトのLTE表記が「L」だったのが「4G」になりました。
wp_ss_20130614_0002
電波のつかみもネットワークが見つかりませんとNTT DOCOMOを繰り返すということもなくエリアに入ればすんなりとLTEをつかめるようになっている感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です