デスクトップPCの再構築完了

今までのMicroATXマザーボード+FX-8150の組み合わせではVRMのオーバーヒートでFX-8150の性能を出し切れてないので思い切ってATXマザーボードに載せ換えて再構築しました。
ケースはSilverStoneのSST-GD04からSST-GD08へ変更し、マザーボードをASUS SABERTOOTH 990FXに
さらに今までHDD+SSDキャッシュだった所をIBM ServeRAID M5014(LSI MegaRAID SAS 9260-8iのキャッシュ半減OEM)を投入してSeagateのST2000DM001*3のRAID5としました。
ケースが大きくなったので使用できるCPUクーラーに幅が出来たのですが、14cmファンを搭載した再度フロークーラーを搭載するほどのスペースはなかったのでトップフローのnoctia NH-C14にしました。

RAIDのベンチマークはこんな感じ
M5014_RAID5
さすがに巷のレビューで良くやられているSSDでのRAIDなんかに比べると遅いですが、体感速度は悪くありません。
当初OSの移行で、UEFI+GPSで1パーティションでの使用を考えていたんですが、UEFIブートでWindowsインストールDVDを動かしても再起動してWindowsセットアップに移行する段階でブラックアウトしてしまい、どうしてもUEFI+GPT環境に出来ませんでした
仕方が無いので2TBでVDを切ってBIOSモードでTrueImageを使って環境を移行してます。
またServeRAID M5014にはLSI MegaRAID 9260-8iのファームウェアをインストールして起動時のイニシャライズの短縮を図っています
ファームウェア入れ替えについてはこちらを参考にしました。






USB接続のRAID対応外付けHDDケースを物色

CS-WVでのAndroidでの使用が絶望的な感じになったので、元に戻ってPogoplug Mobile+RAID対応HDDケースの組み合わせにしようかと検討中
とりあえずざっと見たところラトックの製品が良さそうな感じ



3.5インチHDDも2.5インチHDDも一つずつ余っているのでどちらでもいい感じですね。

BUFFALO リンクステーション クラウドエディションCS-WVのAndroid対応が微妙に

先日購入したBUFFALO リンクステーション クラウドエディションCS-WVですが、しばらく運用してAndroidから自動アップロード先として指定できないことに気がつきました
Androidからリンクステーションからダウンロードするのには問題ないのですが、アップロードが出来ません。
まずPogoplugのサポートに問い合わせてみたところ、CS-WVに内蔵されているPogoplugのバージョンが低いのが原因と解りました。
そんなわけでBUFFALOにPogoplugのバージョンが低くてAndroidからアップロードできないんだけどアップデート予定はないの?と問い合わせてみたところ、今後のアップデート予定はないということでリンクステーション クラウドエディションをAndroidで使うのはダウンロードでのみということになりそうすです


デスクトップPCのCPUクーラーをnoctua NC-C14に交換

PCケースをSST-GD04からSST-GD08に変更したのでCPUクーラーもnoctuaのNC-C14に交換してみました。
AMD FX-8150の定格でOCCTを室温21.5度の部屋で1時間動かした結果がこれ

このぐらいの温度ならOCもいけそうな感じ
今手配中のRAIDカードが届いたらまた環境をいじってみる予定