880GMH/U3S3のSATA3が不安定

880GMHのSATA3がどうにも不安定で悪戦苦闘の結果使うのをあきらめようかと検討中
ASMediaのASM1061が使用されていますがちょっとHDDに負荷をかけるとすぐにアクセスしっぱなしの状態になりBSODでPCが死にます
仕方がないのでSATA2の方につないでベンチとってみた結果が以下の通り、SATA3につなぐよりパフォーマンスが出ています

「880GMH/U3S3のSATA3が不安定」への5件のフィードバック

  1. 880GMH/U3S3は、880Gマザーの中で唯一?
    DDR3 -4本、USB 3.0、SATA3、e-SATA2
    の4つのスペックを満たす全部入りマザーとして
    購入を検討していたのですが、そうですかSATA3が遅いのですか
    このマザー、ネットに情報が全然ないので困ります。
    でも、全部入りはこれしかないのでかなり前向きに検討中です。

    1. やはりネイティブ対応でないと帯域的に不足しがちなのと、ASMediaのチップがどうにも不安定でした
      他のレビューなどではそういった情報は私も見たことがないのでHDDとの相性の可能性もあるのかなぁとは思っています

  2. いろいろ検討し、最終的に、DDR3 -4本、USB 3.0、SATA3、e-SATA2
    のどれも無いASRock A880GM-LEにしてしまいました。
    このマザーの特徴である、コアアンロック、USBブースト、自動クロックアップに惹かれてしまいました。現在この3つの機能の恩恵にあずかっています。おさわがせしました。

    1. 変に追加機能にこだわるより堅実でいいのではないでしょうか
      不安定で速度のでないSATA3を無理に使うよりは安定した環境のほうがストレスも少ないと思いますよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です