ACS-61000-04を購入

ML115G5にてRAID5を組むとかなりの頻度でnvstor64.sysが原因のBSoDが出るので、オンボードRAIDはあきらめてRAIDカードの中古品を8900円ほどで入手しました
台湾AccusysのACS-61000-04というSATA2 RAIDカードでちゃんとIOP333搭載のハードウェアRAIDカードで、日本ではキング・テックという会社が代理店をしているようです
さっそくベンチマークをとってみました
HDDはWD5000AAKX-001CA0*4のRAID5でストライプサイズは128kにして計測

-----------------------------------------------------------------------
CrystalDiskMark 3.0.1 x64 (C) 2007-2010 hiyohiyo
                           Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
-----------------------------------------------------------------------
* MB/s = 1,000,000 byte/s [SATA/300 = 300,000,000 byte/s]

           Sequential Read :   319.590 MB/s
          Sequential Write :   249.246 MB/s
         Random Read 512KB :    28.858 MB/s
        Random Write 512KB :    32.903 MB/s
    Random Read 4KB (QD=1) :     0.564 MB/s [   137.7 IOPS]
   Random Write 4KB (QD=1) :     0.709 MB/s [   173.1 IOPS]
   Random Read 4KB (QD=32) :     0.584 MB/s [   142.5 IOPS]
  Random Write 4KB (QD=32) :     0.703 MB/s [   171.6 IOPS]

  Test : 1000 MB [C: 11.4% (158.9/1396.9 GB)] (x5)
  Date : 2011/08/15 3:33:13
    OS : Windows 7 Home Premium Edition SP1 [6.1 Build 7601] (x64)

IOPとキャッシュも乗ってるカードの割にはランダムR/Wの性能がいまいち出ていないような感じですね。こういうチューニングなんでしょうか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です