Bluetoothでapt-xを体験する


クリエイティブのWP-300が中古で4980円と比較的安かったので購入してみました
送信機の方もクリエイティブのBT-D5にしようかと思っていたのですが、たまたまこちらもゼンハイザーのBTD300iの中古がじゃんぱらにて5980円だったのでこちらをこちらを購入してみました。


まず開封して驚いたのがWP-300のサイズ
予想より遙かにコンパクトでした

QuietComfort15と並べてしまうとこんな感じです。
購入前には完全にオンイヤーヘッドヘンのイメージがありませんでした
軽量でコンパクトなので頭への負担は少なく、側圧もそれほど強くないのでオンイヤータイプでもそれほど耳が痛くなりません。欲を言えばイヤーパッドはボーズ ボーズ・オンイヤーヘッドホン TRIPORT OEon-ear headphones BOSE OE-Sのようにもう少しふかふかだと嬉しいですね
BTD300iは本体にボタンの類がなくペアリング方法の書かれたマニュアルも付属いていないので最初悩みましたが、ゼンハイザー本家のQ&Aにて解決
こいつはまず電源を入れると登録済みの機器への接続を試みて、繋がらない場合には自動的にペアリングモードに移行するそうです。
マルチペアリング対応で5台までのペアリング情報を記憶できるようです
尚、多少横幅が大きいため今まで使用していたBELKIN製のクリアーハードケースのドックコネクター部分には干渉して接続できなかったためケースをこれに買い換えました


ドックコネクタ部分が大きく開いているので問題なく装着できます
WP-300はオンイヤータイプなのと、ハウジングに大きめなバスレフポートが開いていること、イヤーカップが小さいせいもあって遮音性は低く、音漏れもしやすいと言えます
ただし、DR-BT50なんかのようにイヤーカップの中で外来ノイズが反響するようなことはないので、それよりはましです


音質はクリエイティブらしいわりとフラットな印象で低音もそこそこ高音もそこそこといった感じです
BTD300iはこのタイプのドングルとしては珍しくiPod本体のボリュームによって送出する音量が変わるタイプです
音質はこれがapt-xの特徴なのかは分かりませんがSBCのような痩せた音といった感じがありません
軽量なWP-300との組み合わせでかなりお気に入りの組み合わせになりそうです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です