Logitec LHA-SA32PE装着

ML115G1へのeSATA増設は完了したので、ML115G5用にPCI-eのeSATAボードを購入
選定利用は特になくて安かったから、搭載チップはSilicon ImageのSil3132搭載の定番ですね


ML115G1で使ったHDDをそのままつなぎ替えてベンチマークしてみました
ベンチマーク結果
なんかシーケンシャルWriteが早い……というかHDD本来の性能を考えるとTX4302のが遅いのか
20MB/sぐらいの差が出てしまっているけど、PCI-eとPCIの差かなぁ……でもそれにしてはReadの性能には差がない……搭載チップの性能差とはあまり考えたくないな
ドライバーバージョンBIOSバージョン
ドライバーとカードBIOSは現時点での最新版にしてあります
で、プロパティ眺めていて一つ気になったのがコレ
ドライブ情報
あれ、HDDもケースもインターフェースカードもSATA3Gbps対応品なのに……1.5Gbpsになっている……
とりあえず原因は後から調べるとしてHDDのホットスワップはHotSwap!を使うことで出来ました
純正のアンプラグツールもVista対応版がダウンロードできるので、Windows7でもこれは動くかも

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です