分割キーボードLY092-MINIを買ってみた

以前からマイクロソフトのエルゴノミクスキーボードを使っては居たのですが、最近分割型の物がいろいろ出てきているのが気にはなっていた所、タオバオの方で安価にLY092-MINIというモデルが売られているということでこれを購入してみました。
注文したのが5/5の夕方、届いたのが5/15で中国の4PXと言う配送業者で配送、国内では佐川急便が届けてくれました。
合計費用は本体9,429円+国際送料851円の10,280円で、分割型のキーボードとしては安価な部類です

当初、いきなりErgoDoxに手を出すのもリスクがあるなと思い、まずは比較的安価でオーソドックスな分割型であるMistel Barocco MD600の購入を検討していたのですが、LY092-MINIの方は更に安価で1万円ぴったりぐらいと言う値段に背中を押された感じでした。

ちなみに国内ではアマゾンで片手モデルが売られているようです。

とりあえずパッケージを開けて付属のケーブルで接続した状態

キー配列はフルカスタマイズ出来るそうなのでこれから調整が必要だと思いますが、マクロなども仕込めるようなのでどちらかというと会社で使った方が良いのかなって気がしています。

CHORD Mojoを買ってみた

Polyが出たらMojoと一緒に買おう、と思っていたのですが、ヨドバシカメラの店頭で5月末まで¥52,900円の10%ポイント還元な上、ケーブルパックか純正ケースを無料でプレゼントというキャンペーンをやっていたのでついつい手を出してしまいました。
ケーブルパックは¥7,480するのでポイント還元の分も含めれば結構お得に買えたと思います。

Polyの使い勝手を確かめてからと自制していたのがゴールデンウィークの浮かれた気持ちに見事に負けた感じで。
ついでにeイヤホンで中古のdignisケース(使用感あり)も4,990円で購入。

取りあえずはeBayで購入しておいた7cmのOTGケーブルを使ってZenfone2 Laser (ZE500KL)と組み合わせてポータブルに仕立ててみましたが……でかい、でかすぎる。
2段運用に嫌気が差してFiiO X7を買った身としてはちょっと現実的でないサイズですね

このZenfone2 Laser (ZE500KL)、スタンバイになるとUSB DACとの接続が切断されるという仕様があるのですが、USB DACを電源ONで接続した状態で再起動をかければDACの電源OFFやUSBの切断をしない限りはスタンバイになっても接続を維持できます。
ちょっと面倒ですがPolyまでの繋ぎなので良しとします。

スマホをトランスポーターとして使えるとDAPを別に持つよりはスマートウォッチをリモコン代わりに使えたりとメリットが大きいので、やはり本格的にポータブルで使うのはPolyの出番を待つしかなさそうですね。

PCケースをSST-GT08BからPC-C60に変更した

使い続けているうちにいろいろと中身の変更などが有ってSST-GD08Bが大きすぎてメンテしにくいと感じてきたのでケースを変更しました。
しかしながらHTPCケース市場は冷え切っていて新機種も大して出ていないので、Lian-LiのPC-C60をヤフオクで\20k程度で購入しました。


before

after

とにかくネジが多かったので入れ替えするだけで4時間ぐらいかかりました。
まずHDD RAIDをやめたのでSST-GD08BのHDDラック部分は不要でしたし、OCするにあたってセール品があったので半ば興味半分でいれた簡易水冷(Corsair H100i)も定格運用に戻したので不要と言うことで取り外しました。

簡易水冷の代わりに入れたCPUクーラーは中古で\3980で売られていたAXP-200
当初メモリー上にも被さる方向にクーラーをつけていたのですが、PC-C60の場合は5インチベイが干渉してしまうため逆のVRM側に被さるように変更。

ケースファンは前オーナーさんがCFY-140Sに換装していて特に軸音などもしていないためそのまま流用、コイツは既に廃版になっていてCFY-140SAに置き換わって居るみたいですね。

当初電源ケーブルもCableMod製のスリーブケーブルにして取り回しを良くしようかな?等と思ったのですが、日本で代理店をやっているオリオスペックが在庫切れ状態な上


と、近々再入荷すると言う事なのでとりあえず海外から取り寄せるのはやめておきました。

性能は全然変わってないんですが、1サイズ小さいサイズになって取り回ししやすくなったので満足の行く交換となりました。

HUISに滑り止めシールを貼った

電子ペーパーな学習リモコンHUIS REMOTE CONTROLLERですが、どうにもつるつると滑って使いにくいので、滑り止めシールを貼ってみた。

とりあえずベタベタと貼ってみました。背面の黒い奴はおまけでついていた物で、ここの部位に貼るのが効果的なら別途透明タイプを買おうかと思っています。

とくにこのサイドのエッジ部分に貼るのは効果的で、リモコンをとる時に滑ると言うことがなくなってかなり快適です。

この手のシールはいろいろと種類が出ているのですが、今回はとりあえずこれを買ってみました

FiiO X7のソートがだいぶまともになっていた

FiiO X7のファームウェアも3.1.7となり、そろそろソート順は何とかならないの?とサポートに聞いてみたところオプションでちゃんと指定してあげればX3 2nd相当にはちゃんとソートされると言う事が分かりました

まずはライブラリ画面の右下「…」のアイコンをタップ

タップすると縦にアイコンが並んだツールバーが展開されます

一番上のアイコンをタップすることで並び替えをX3 2nd相当に数字>アルファベット>かなカナ>漢字という漢字の並びに変更することが出来ました

このアイコンどういう機能なのか説明しているところが見当たらなかったためメールで質問してみたところ回答が帰ってきました

The functions are as follows (from top to bottom):

1) Sorting by characters
2) Sorting by the total number of songs in each category (will only appear in the Artist/Album/Genre category)
3) Sorting by first letter in Alphabetical order across languages (currently only available for Chinese and English language)
4) Operate the list (mark several items in the list then play/delete them or add them to a playlist/Favorites)

と言うわけでソート指定をしないとメチャクチャに並んでいるFiiO X7 FW3.0系の音楽ライブラリですが、ソートメニューで一番上の「1) Sorting by characters」を選択すればちゃんと文字順に並ぶと言うことのようです。

正直、これはデフォルトで選択されていて良いのではにかなぁとは思う所です